So-net無料ブログ作成

フォーミュラEのモーターはどうなってる?(ZF編) [モータースポーツ]

MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.151 (モーターファン別冊)』ではF1に加え、フォーミュラEもレポートしています。

ZFがベンチュリーと技術パートナーシップを結んでシーズン3(2016/17年)から参戦しており、彼らの取り組みを例に、電動パワートレーンとダンパーの開発についてまとめています。

1. ZFはなぜフォーミュラEに挑戦するのか

MFi151_FE_1_s.jpg

2. 電動パワートレーンとダンパーの開発プロセス

MFi151_FE_2_s.jpg

3. パワーエレクトロニクスにSiCを採用

MFi151_FE_3_s.jpg

ZFはヴェンチュリーの最新フォーミュラEマシン(Gen2)に搭載する電動パワートレーンの様子を公開しています。

左側の黒っぽい箱がインバーター、中央の円筒は最高出力250kWのモーター、変速機構はなく(シングルギヤ)、右端の円盤状のパーツはファイナルドライブユニット。

Formel-E_ZF-Systems.jpg

第1世代車両(Gen1)の1年目(シーズン1:2014/15年)から、開発が解禁されたシーズン2(2015/16年)以降の電動パワートレーンの様子は、『Motor Fan illustrated特別編集 Motorsportのテクノロジー 2014-2015』以降、『2015-2016』『2016-2017』『2017-2018』『2018-2019』年版で紹介しています。

シーズン1の共通インバーターはこんな感じで、共通バッテリーの上に搭載されていました。

DSCN1240.jpg

共通の5速ギヤボックスはこんなふう。

gearbox.JPG

バッテリーとギヤボックスの間にベルハウジングがあり、その内部に共通モーター(最高出力200kW)が収まっていました。

IMG_4921.jpg

最新版はずいぶんコンパクトにまとまっています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント