So-net無料ブログ作成

アウディR18 e-tronクワトロ2015年型(テスト仕様) [モータースポーツ]

3月上旬にセブリングで行われたテストの様子が公開されました(前エントリーで報告した日産と同じタイミングでテスト)。例によって、この時期走っているのはル・マン前のレース(シルバーストンとスパ)を走るハイダウンフォース仕様でしょう。2014年型はリヤのオーバーハングを規定いっぱいまで使い切っていませんでしたが、2015年型は使い切っています。

アウディR18 e-tronクワトロ2015
audi_r18_sebring1.jpg
(クリックで拡大)

表情が一変していてギョッとしますが、「進化版」だと公式的には説明していますし、伝わるところによるとスパイン(モノコックからギヤボックスまでの骨格)はキャリーオーバーだそうですので、やはり進化版と表現するのが妥当でしょう。これまでは化粧直しで乗り切っていたものの、今年は思い切って美容成形したってところでしょうか。中身(パワーユニット系)も相当鍛えていそうではありますが。

それにしてもフロントタイヤハウスまで浸食したエアスクープ、目立ちますね。

アウディR18 e-tronクワトロ2015
audi_r18_sebring_front.jpg
(クリックで拡大)

2014年版と見比べてみましょう。

アウディR18 e-tronクワトロ2014
audi_r18_2014_1.jpg
(クリックで拡大)

新しい顔を見たいまとなっては、ずいぶんおとなしく感じられますね。

アウディR18 e-tronクワトロ2014
audi_r18_2014_front.jpg
(クリックで拡大)

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車