So-net無料ブログ作成

なんだか速いぞ2015年のWEC LMP1(2014年のタイムと比較) [モータースポーツ]

WEC(世界耐久選手権)の2015年シーズン、始まりましたね。ずいぶん速くなったのはプロローグ(シーズン前の公式テスト)でも確認済みですが、開幕戦シルバーストン(全長5.891km)の新旧タイムで比較してみましょう(各メーカー2台のうち、速い方のみ抽出)。

WEC_2015_Rd1_table.jpg

大まかに言って、3秒速くなっています。勢力図で言うと、3秒速くなったアウディとポルシェが、2秒速くなったトヨタの前を走っている感じ。というのが、とりあえず、限られた数字から見えてくるシルバーストン6時間での状況。

2015年の場合、ベストラップを維持して6時間走り続けると、214周できる計算。2014年のベストラップだと207周です。つまり、2014年のパフォーマンスのまま走らせると7周遅れになってしまう。

WEC_2015_Rd1.jpg

WEC公式サイトのライブストリーミングでも触れていましたが、今年のLMP1のラップタイムは、2014年型F1の下位チームと同等。どうりで速く見えるわけです。

2014年型F1マシンの車重は691kg(ドライバーの全装備重量込み)。これに、レーススタート時は100kgの燃料(ガソリン)が加わります。最大燃料流量は100kg/h。エンジンの出力とモーターの出力(163馬力)は、合わせて800馬力前後でしょう。

一方、LMP1の車重は870kg。これはドライバーの体重(と装備)を除いた数字。ガソリンエンジン車の燃料タンク容量は68.3Lですので、満タン時の重量は51kg前後、ディーゼル(軽油)の燃料タンク容量は54.2Lですので、46kg前後でしょう。つまり、走行時の重量は重いときでほぼ1tにもなり、F1より約200kg重い。エンジンとモーターを合わせた総出力は1000馬力前後というのが相場。

F1_2014_Rd1.jpg

LMP1が走行中に使える燃料流量は、ポルシェ(ガソリン/8MJ)が88.5kg/h、トヨタ(ガソリン/6MJ)が89.5kg/h、アウディ(ディーゼル/4MJ)は79.0kg/h。F1よりずいぶん重たく、はるかに少ない燃料しか使えないのに、あの速さ。そう考えると、なおさら凄みが伝わってきますね。

WEC_2015_Rd1_2.jpg

http://www.facebook.com/serakota



nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車