So-net無料ブログ作成

サンヴァルト(ヴァイツェン)とディンケルアッカー(ピルス) [ビアライゼ]

シュツットガルトに戻ってきました(実際にはすでに別の場所に移動していますが)。初日とは別の宿に泊まります。モダンな外観。

IMG_5301.jpg

でも室内はとても質素。デコレーション満載なザールブリュッケンのホテルの後だけに、質素さが際だって見えます。実はユースホステル。若くないんですけどね。似たようなおっさん(ヨーロッパの人々ですが)も結構泊まっていました。家具は質素ですが、高い天井といい、床から天井までの窓がもたらす明るさといい、とても心地のいい空間です。3人部屋を独り占め(^_^)v

IMG_5279.jpg

窓の外が線路なのは、ザールブリュッケンの宿と同じ(今回は「駅」でもありますが)。「難」はWi-Fiがロビーでしか拾えないこと。部屋は4階。用があるたびに行ったり来たりを強いられるのですが、あるとき部屋に戻ってみると、ドアが開いています。「あれ?」と思って中に入ったら、若者がふたりスーツケースを広げて中身を物色しています。

「おいおい、何してるんだよ!」と言いかけたところで、スーツケースが自分のではないことに気づきました。黙って後ずさりし、部屋番号を確認したところが上の階(つまり5階の同じ番号)。そのままそーっと退散しました。

IMG_5289.jpg

売店で買った缶ビールを部屋でこっそり飲んだりしてはいましたが、外でタップから注がれるビールを飲むのはドイツ滞在4日目にして初めてです(だから、大目に見て、という意味です)。店の外観だけでサービスやら味やら雰囲気やらを判断し、突撃します(小さな街なので、そんなに選択肢ないんですけどね)。

IMG_6466.jpg

シュトゥットガルト産のヴァイツェン、SANWALD(サンヴァルト)です。なんかちょっと物足りない印象でした。機会があったらもう一度トライしてみましょう。

IMG_5297.jpg

「今日のメニュー」に載っていたので、ホワイトアスパラガスを注文。3回目ですが、ZFのランチでごちそうになったのがベスト。これで12.8ユーロですが、そう考えるとポルシェの社食で付いていた値段(4.8ユーロ)は破格ですね。

IMG_5298.jpg

ヴァイツェンの印象があまり良くなかったので、翌日はピルスにしました。DINKEL ACKER(ディンケルアッカー)です。苦みが利いていますね。こちらは好印象。

IMG_6461.jpg

背景に見える壁絵は七人のこびと。

http://www.facebook.com/serakota


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ホッケンハイムリンク(のサービスエリア)で給油 [旅(海外)]

さて、ザールブリュッケンを発ちましょうか。

IMG_5247.jpg

ほぼ、来るときと同じルートをたどるので、往路では素通りしたホッケンハイムリンクのサービスエリアに寄ることにしました。ついでに給油。

IMG_5248.jpg

オクタン価95のガソリン(Super)はリッターあたり1.629ユーロ。1ユーロ130円として約212円。なかなかしびれる単価ですね。24.84L給油して40.46ユーロ(約5260円)。ちなみに2日前に寄った別のガソリンスタンドでは、リッターあたり1.509ユーロ(約196円)でした。

IMG_5253.jpg

ついでに昼食をとります。売店と食堂が入った施設は、コンクリートで固めたレトロな外観。

IMG_5255.jpg

気温は20℃前後。日陰だと肌寒いくらいです。サラミとチーズのパニーニにカプチーノの組み合わせ。ガス水1Lを加えて10ユーロとちょっと。

IMG_5259.jpg

ホッケンハイムリンクはこちら、の案内。そこそこ距離あると思いますが、クルマをサービスエリアに止め、歩いて行き来することも可能。

IMG_5262.jpg

虫がいっぱい飛んでいるし、何か出てきそうなのですぐに引き返しました。

IMG_5265.jpg

さて、本線に戻ります。と思ったら大渋滞。やはり工事が原因。

IMG_5271.jpg

シュトゥットガルトに戻ってきました。と、思ったらまた渋滞。ちょうどマーレ(MAHLE)の本社前。

IMG_5272.jpg

渋滞に遭遇すると予定が狂うのでツライですね。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ZFの「オートマチックトランスミッション50年」イベント [クルマ]

午前8時20分にホテルのロビーに集合し、バスに乗ってイベント会場に向かいます。揺られること30分ほど。

IMG_5129.jpg

いい眺めですね。世界遺産「フェルクリンゲン製鉄所」が、「ZFのオートマチックトランスミッション50年」を記念したイベント会場でした。

IMG_5187.jpg

年季の入った製鉄所をじっくり見学したいところですが、見学時間は用意されておらず。替わりに(?)ザールブリュッケンにあるZFのオートマチックトランスミッション生産工場を見学しました。

IMG_5110.jpg
IMG_5106.jpg

製鉄所のごく一部(だと思います)を、プレゼンテーションスペースへの行き帰りにチラ見しました。

IMG_5101.jpg

こちらがプレゼンテーション会場。ZFの歴代オートマチックトランスミッション(3HP/4HP/5HP/6HP/8HP/HYBRID/9HP)が展示してあります。

IMG_5092.jpg

メインイベントは、ZFの歴代オートマチックトランスミッションが載ったクルマのテストドライブです。イベント後に「何に乗った?」と聞かれ、「BMWとポルシェとジャガーとジープ」と答えたら、「そうじゃなくて、3HPと5HPと8HPと9HPと答えるべきだろ」とたしなめられました。ごもっともです。

IMG_5163.jpg

製鉄所バックでじっくり写真撮りたかったですね。とくにBMW2000Cとプジョー504。

IMG_5116.jpg

いまどき3HP(3速AT。レシオカバレッジ2.48)を体感できるのは貴重です。

IMG_5141.jpg

ミスコースしたので、予定より長く乗ることができました(その代わり乗り換えの機会を逃す)。

IMG_5209.jpg

前の晩に「このイベント以外にも目的あるの?」と聞かれ、「ホワイトアスパラガスを食べること」と答えておいたところ、「あなたのために用意したわよ」と、ランチで出してくれたのがアスパラガスのスープ(もともと準備していたメニューだと思いますが)。

IMG_5200.jpg

そして、「とれたて」のアスパラガスです。ビールが飲めないドイツ人と、ガーリックが食べられないイタリア人から「あなたは幸せね。食べたいものが食べられて」とか言われながら食べました。

IMG_5202.jpg

そう言われると食べにくい(ことは、とくにありませんでした)。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

バイザッハからザールブリュッケンへ [旅(海外)]

バイザッハのおさらいをしておきましょう。街はずれ、WEISSACHの文字の左側に書き込んであるのがポルシェR&Dのテストコース。その左上に点在しているのが施設群です。現在、拡張工事が進行中。

IMG_5047.jpg

250km離れたザールブリュッケンに向かいます。フランスの国境に接した街、というより、フランスの一部になったりドイツになったりフランスになったりで、現在はドイツの一部です。

IMG_4985.jpg

ミュンヘン〜シュトゥットガルトもそうでしたが、渋滞に遭わないことはないですね。原因は道路工事。車線が少なくなったり、車線の数は減らないけれども幅員が狭くなったりという理由で渋滞が発生するよう。平均車速がみるみる落ちます。

IMG_4987.jpg

見覚えのあるところだなと思ったらホッケンハイムリンクの脇でした。

IMG_4993.jpg

約3時間で目的地に到着。部屋にそれぞれフランスの女性名がついていて、へぇ、と思いながら廊下を進みました。ちなみに泊まった部屋はマドレーヌ。同名の焼き菓子を思い浮かべてしまいますが。

IMG_5005.jpg

デコレーションに圧倒されます。「これは、フランス風? それともドイツ風?」と、こちらの人にたずねたら「まあ、アンティークね」と返されました。

IMG_5015.jpg

ザールブリュッケンに来たのは、ZFのプレスイベントに参加するのが目的。オートマチックトランスミッションの生産を始めて50周年を記念してのイベントです。

IMG_5035.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ポルシェ通り911番地 [旅(海外)]

さて、出かけましょうか。約束の時間に遅れるわけにはいかないので、早めにホテルを出ます。

IMG_4697.jpg

バイザッハ(Weissach)です。想像以上にこぢんまりした村でした。

IMG_4975.jpg

雰囲気ありますね。

IMG_4979.jpg

あ〜、ビール飲みたい。

IMG_4981.jpg

けど、素通りしてポルシェの研究開発施設に向かいます。バイザッハの集落を抜けてカントリーロードを走ること少し。

IMG_4968.jpg

Porschestraße 911(ポルシェ・シュトラッセ911=ポルシェ通り911番地)だなんて、しゃれているというか冗談みたいというか。初めて知りました。

IMG_4951.jpg

量産車の研究開発部門がある敷地の一角に、LMP1を含むモータースポーツ部門があります。そこが、この日の目的地。ポルシェ919ハイブリッドのエンジンや、クランクシャフトやブロックやモーターやバッテリーなどがワークショップにごろんと転がっていましたよ(当然のことながら写真撮影はNGでしたが)。

まさかモータースポーツ部門の社員食堂で旬のホワイトアスパラガスにありつけるとは思いませんでした(写真はサンプルです)。

IMG_4941.jpg

さてと、取材を終えて250km移動……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

シュトゥットガルトに着きました [旅(海外)]

最終目的地ってワケではないのですが、ホテルが探しやすかったのでシュトゥットガルトに泊まることにしました。陸路での出発地はミュンヘン空港。このところ入国審査で、「何しに来たの?」「いつまで滞在?」「ひとり?」とか聞かれることが多くなりました。おかげで結構な行列。フランクフルト空港でも同様でしょうか。

さて出発です。いつものようにGARMINアプリを使用。目的地まで245kmです。東京〜磐田間くらいありますね。18時15分クラッチミート。

IMG_4661.jpg

170kmくらい一気に走って休憩。今回の旅の相棒はフィアット500Xです。クルマについては改めてお知らせする機会があるでしょう。1.4Lマルチエア搭載。6速MT。レンタカー屋さんのブースで、「ドイツに来たのにイタリアのクルマ?」とつぶやいたら、「いいじゃない、新車なんだから」とたしなめられました。

IMG_4673.jpg

あ〜、そうだ。サービスエリアのトイレは有料なんでした。

IMG_4672.jpg
IMG_4670.jpg

0.7ユーロ払うと、施設内で使える0.5ユーロ分のバウチャーが出てきます。

IMG_4671.jpg

バーガーキングで早速使用(ポテトのできあがりを待っているところ)。5.99ユーロのセットメニューが5.49ユーロになります。

IMG_4668.jpg

シュツットガルトに着きました(ただし街はずれ)。自動車関連企業の看板が目立つ?

IMG_4677.jpg

21時22分着。平均速度は92km/hで、燃費は14.1km/Lでした。

IMG_4681.jpg

ここには1泊だけします。おやすみなさい。

IMG_4684.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

NISSAN GT-R NISMOのエンジンルーム [モータースポーツ]

GT-R、強いですね。ハードウェアに関していえば、速さの源泉はエンジンと空力に大別できます。空力だけ良くても勝てないし、エンジンだけ頑張ってもダメでしょう。

IMG_4475.jpg

エンジンの出力が競合に対して抜きん出ていれば、パワーに頼って最高速を伸ばすことができるので、ドラッグ(空気抵抗)を減らす努力はしなくても済み、そのぶんをダウンフォースの獲得に振り向けることができます。そんな好循環が生まれていそう。

IMG_4394.jpg

空力も見どころたっぷりですが……。

IMG_4408.jpg

エンジンルームを見てみましょう。ラジエターとインタークーラーの配置がよくわかります。ラジエターは左右に分割して配置。インタークーラーは中央にあって、水平に配置されています。

IMG_4648.jpg
(クリックで拡大)

単体で見ると、こんなふう(参考まで。写真のインタークーラーは加圧された空気が通るチューブが上下に通っていますが、GT-Rの場合は左右に流れています)。アウターフィンを走行風が通過することで、チューブを通る、コンプレッサーで圧縮された高温の空気と熱交換を行います(チューブを通る空気の熱がアウターフィンを通過する空気に移る)。放熱面積を増やすため、チューブの内部にもフィン(インナーフィン)を設けています。

ルール上、インタークーラーのコアは登録制。体積は決められており、縦横比は自由。本体を好き勝手に開発することはできないので、ある物をいかに効率良く使うかが重要。カルソニックカンセイ製。

DSCN8280c.jpg

別アングルで見てみましょう。やや右側にオフセットした位置に、厳重に断熱処理された物体が見えます(矢印)。全貌が明らかでないので断定はできませんが、導入した外気を一時的に溜める場所のよう。そこから枝分かれしたパイプがタービンやエキマニの下流方向に向かっています。

コンプレッサーからインタークーラーに向かうパイプも外気溜まりを通過しているようにも見えます(ん〜、見えそうで見えない)。熱を持った空気をここでプレクールしている?

IMG_4641.jpg
(クリックで拡大)

などと、想像がふくらみますね。いずれにしても、排気側も吸気側も熱をいかにコントロールするかがパフォーマンス向上のカギを握っていそう。

最後にボンネットフードを見てみましょう。インタークーラーのチューブが左右に通っているのがわかるでしょうか。

IMG_4450.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アウディR18 e-tronクワトロのロードラッグ(ル・マン)仕様 [モータースポーツ]

アウディは例年どおり、ル・マンに的を絞ったロードラッグ仕様を出してきましたね。ウォッチャーとしては、ハイダウンフォース仕様と違っていれば違っているほど前のめりになります。

では、見ていきましょう。

アウディR18 e-tronクワトロ・ハイダウンフォース仕様
audi_r18_hdf.jpg
(クリックで拡大)

アウディR18 e-tronクワトロ・ロードラッグ仕様
audi_r18_ldg.jpg
(クリックで拡大)

対比させてみると、配色のパターンもずいぶん違うことがわかりますね。

アウディR18 e-tronクワトロ・ハイダウンフォース仕様
audi_r18_hdf_front.jpg
(クリックで拡大)

アウディR18 e-tronクワトロ・ロードラッグ仕様
audi_r18_ldg_front.jpg
(クリックで拡大)

ヘッドライトのグラフィックが変わっていますが(1)、ダクトの位置(2)変更(目的も違っていそう)にともなってのことでしょう。表情がずいぶん違います。フロントカウルがだいぶ後退している(3)のも目を引きますね。リヤフェンダーの義務づけ開口部は上面から側面(4)に変更。リヤウイングの角度は浅くなっています(5)。

リヤビューミラーがないのにお気づきかと思いますが、フロントフェンダーの6の位置に組み込まれています。

アウディR18 e-tronクワトロ・ハイダウンフォース仕様
audi_r18_hdf_side.jpg
(クリックで拡大)

アウディR18 e-tronクワトロ・ロードラッグ仕様
audi_r18_ldg_side2.jpg
(クリックで拡大)

フロントフェンダーの横断面はスクエアになっています(1)。ポルシェ919もそうですが、ボリュームを小さくした方ががドラッグ削減に利くというのは、思い込みにすぎないようですね。ホイールハウス後ろ側の処理(2)も異なっています。その後方にルーバー(3)。2枚だったカナードは1枚になっていますね(4)。

リヤフェンダーはハイトが高くなっているようです(5)。やはりボリュームは増す方向。6の位置はブレーキダクトでしょうか。リヤウイング翼端板は下部を切り欠いた形状(7)。リヤフェンダー後部の落ち込みは、ハイダウンフォース仕様に比べて大きくなっています(8)。9の位置にリヤビューミラー。

stelvio.jpg

フェンダーと一体化したミラーというと、どうしてもこのクルマを思い浮かべてしまいます。オーテック・ザガート・ステルビオ(Autech Zagato Stelvio)。1989年の作。あったなぁ……

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車