So-net無料ブログ作成

ZFのモータースポーツ向け8速AT [モータースポーツ]

ワンメイク競技車両のBMW M235iレーシングにZF製8速AT(8HP)が搭載されていることは、2014年のエントリーで紹介しました。

「ドイツでも2ペダルが人気のBMW M235i Racing」
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2014-04-10

8速オートマチックトランスミッションのハードウェアはそのままに、制御の変更で変速時間を極端に短くするなどの変更を行っています。

M235i_Racing.jpg

そのトランスミッションが進化し、2015年10月のVLNシリーズ(ニュルブルクリンクで開催)でデビューしたと発表されました。

進化版は「8P45R」を名乗ります。ZFのお約束では「H」はHydraulic Torque Converterを意味します。Hが消えているということは、トルクコンバーター非搭載を意味します。トルコンを取り去っただけで数キロの軽量化になるでしょう。全体では約15%の軽量化を果たしたそう。

「P」はPlanetary Gearsets(遊星歯車セット)、「45」は許容トルク(450Nm)を意味。「R」はレースの意味でしょうか。

8P45R
8P45R.jpg

(トルコンのかわりに)発進動作はトランスミッション本体内部のシフトエレメントを利用して行うよう。4つの遊星ギヤセットと5つのシフトエレメントは、ベースとなった8HPから受け継いでいます。上流にあるダンパーは振動の減衰用に残しています。

8HPをそのままレースで用いていた際は1〜6速までしか使っていなかったそうですが、8P45Rは1〜8速を使い切る設計に変更しています。

ベースとなった量産向け8速トランスミッションはこちら。BMWの縦置き各車などが搭載していますが、名機です。

8HP
ZF_8HP_LV.jpg

プレスリリースには「将来的には、他メーカーのスポーツカーにも搭載を拡大していく計画」と書いてあり、非常に気になります。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車