So-net無料ブログ作成

10速ATを採用したレクサスLC500 [クルマ]

2016年のデトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー)で、レクサスLC500が公開されました(日本での発売は2017年春頃を予定)。

LC500_front.jpg

フロント、リヤともにメインのランプユニット外側から下に向けてランプ(前:クリアランス/後:ターンシグナル)が伸びるL字形の処理が施されています。「トヨタ」のミライやプリウスと同じじゃんと思いましたが、この処理、キライなわけではありません。同じじゃん、と思っただけです。

LC500_rear.jpg

エンジンは「レクサス」RC FやGS Fが積んでいるのと同じ、2UR-GSE、5.0L・V8直噴&ポート噴射併用自然吸気ユニット(349kW/530Nm)を搭載しています。スポーツチューンドの大排気量NAエンジン、気持ちいいでしょうねぇ。

LC500_engine.jpg

組み合わせるトランスミッションですが、RC FやGS Fが8速AT(アイシン・エィ・ダブリュ製)なのに対し、LC500は10速ATを搭載しています。ドライバビリティや効率(燃費)を追求した結果というより、「段数が多い方が先進的に見える」といった記号性を重視した判断に思えてなりませんが実際どうなのでしょう。

LC500_10AT_2b.jpg

変速段数を多くすればそれだけ重く、大きくなりがちですが、経済性や運動性能にネガティブな影響を与えるような開発は許されないでしょう。車体パッケージの面でも、トランスミッションが大きくなっては困ります。「構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化を実施」と、プレスリリースには書いてあります。

LC500_layout.jpg

こちらはGS Fのパワートレーン。

2UR-GSE+8速AT
GS_F_8AT.jpg

一方こちらは、LC500のパワートレーン。

2UR-GSE+10速AT
LC500_10AT.jpg

超多段ATの割りにコンパクトに見えますが、その中身(技術)、気になりますね。

LC500のプロモーションビデオ


http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車