So-net無料ブログ作成

東京オートサロン2016で見かけたレース車両その2 [モータースポーツ]

スーパーフォーミュラから見ていきましょうか。2016年シーズンからタイヤを供給する横浜ゴムのブース側面にはADVAN RACINGの年表(1963年〜)があり、その上にADVANカラーをまとったSF14の写真が掲げてありました。

IMG_8912.jpg

写真だけではなくて、実車が置いてありました。黒地の部分は無塗装(カーボン地むき出し)であることが、実車を見るとよくわかります。

SUPER FORMULA / SF14 / #25
IMG_8921.jpg

PIAAのブースにはNAJAJIMA RACINGのSF14が展示してありました(ADVAN装着)。

NAKAJIMA RACING SF14 / #64
IMG_9019.jpg

ホシノインパルのブースにもありました(ADVAN装着)。2013年のSUPER GT GT500クラスに参戦したGT-Rと並んでいます。

IMPUL SF14 / #19
IMG_9011.jpg

まだあります。プロジェクト・ミューのブースには、2015年のチャンピオンマシン(38号車)が展示してありました。こちらはブリヂストン製タイヤを装着。

P.MU/CERUMO INGING SF14 / #38
IMG_8909.jpg

無限のブースには16号車が展示してあり(ADVAN装着)、キッズ体験ライドを実施。スクリーンには、2015年最終戦(鈴鹿)でポールポジションを獲得した際の映像が流れていました。

TEAM MUGEN / #16
IMG_8994.jpg

三菱自動車のブースに展示してあったのは、バハ・ポルタレグレ500に出場したアウトランダーPHEV(レプリカ)。

MITSUBISHI OUTLANDER PHEV for BAJA PORTALEGRE 500
IMG_8869.jpg

エクセディのブースには、スバルBRZのジムカーナ仕様が展示してありました。山野哲也号ですが、V16(PN-3クラス)って驚異的ですね。

EXEDY 71 R BRZ for 2015 JAF ALL JAPAN GYMKHANA
IMG_8932.jpg

トヨタ関連のブースは昨年まで北ホールに集中していたのですが、2016年はTOYOTA GAZOO Racingが独立して東ホールに広大なブースを設けていました。詳細は別エントリーで触れるとして、東京モーターショー2015にはなかったWEC/ル・マンカーを発見。

TOYOTA TS030 HYBRID(2013)
IMG_9056.jpg

BBSジャパンのブースには、2015年のル・マン24時間レースで優勝したポルシェ919ハイブリッド用マグネシウム鍛造1ピースホイール(右)や、GT500用アルミ鍛造1ピースホイールなどが展示してありました。

FORGED MAGNESIUM WHEEL for PORSCHE 919 HYBRID(Right)/ FORGED ALMINIUM WHEEL for GT500
IMG_8939.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

東京オートサロン2016で見かけたレース車両その1 [モータースポーツ]

レース車両は新旧いろいろありました。まずは「新」から。2016年のSUPER GT GT300クラスに投入される、aprのプリウスGTです。2015年まで走っていた3代目プリウスから、新型の4代目プリウスにベース車両(エクステリアのみ引用)が切り替わりました。

IMG_8855.jpg

ベース車両の要素を上手に取り入れながら、レース車両に必要な機能もこれまた上手に成立させているように見えます。前も後ろもカッコイイ。

IMG_8859.jpg

では「旧」に移りましょう。富士スピードウェイのブースに展示してあったのは、トヨタ7プリンスR380

IMG_8820.jpg

富士スピードウェイ開業50周年(1996年→2016年)を記念しての展示です。

IMG_8847.jpg

ダンロップのブースには、ル・マン24時間にも出場したアルピーヌM63(1963年)が展示してありました。

IMG_8980.jpg

テールがいい。アンバランスな要素があると、目が引き付けられてしまうようですね。

IMG_8986.jpg

アンバランスと言えば(?)、クムホタイヤジャパンのブースに展示してあった韓国のSuper 6000車両(井出有治車)もそう。

IMG_8874.jpg

スラントせず、水平に伸びるノーズが異形に見える要素?

IMG_8871.jpg

異形と言えば、マツダLM55ビジョン・グランツーリスモもそうでした。

IMG_8885.jpg

ゲームの世界(二次元)を走る架空のスポーツカー(ル・マン24時間出場車両をイメージ)をフルスケールで現実(三次元)にしたものですが、真剣にデザインしたからでしょう。視線釘付けでした。

IMG_8891.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車