So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h】ヘッドライトの捨てバイザーとポルシェのヘッドライト [モータースポーツ]

視界をクリーンに保つため、ウインドスクリーンに捨てバイザーを重ね貼りするのはカテゴリーを問わず定番です。トヨタTS050ハイブリッド(LMP1-H)の例。

IMG_6555.jpg

こちらはポルシェ919ハイブリッド(LMP1-H)。

IMG_6457.jpg

その捨てバイザー(ティアオフ:tear-offとも言ったりしますが)、ヘッドライトに施す例が増えてきました。それだけ汚れるし、汚れると明るさに悪影響が出るのでしょうね。

アウディR18(LMP1-H)の例。

IMG_7336.jpg

1枚だけ(?)のようですが、ポルシェ919ハイブリッドにも付いています。

IMG_6442.jpg

トヨタTS050ハイブリッドには付いていません。

IMG_6811.jpg

CLM P1/01(LMP1)にも付いていません。

IMG_7114.jpg

BR01(LMP2)にも付いていません。

IMG_6931.jpg

AFコルセのフェラーリ488GTE(LM GTE Pro)には付いています。

IMG_7000.jpg

フォードGT(LM GTE Pro)にも付いています。全車を確認したわけではありませんが、資金面に余裕のある実質ワークス系から手を出していく傾向にあるようです。

IMG_7741.jpg

ところで、ポルシェ919ハイブリッドはWEC第2戦スパでロードラッグ仕様を投入した際、ヘッドライトを新型に切り替えました。

第一報「新ヘッドライト&新空力仕様を投入したポルシェ919ハイブリッド」はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2016-05-06

IMG_6471.jpg

12セグメントに分かれています。照度アップや照射距離を延ばすことよりも、「縁石の視認性を向上させる」(左右近距離に照射範囲を広げる)のが、新型ヘッドライトを投入した最大の理由だと、チーム監督のアンドレア・ザイドルは説明してくれました。

IMG_6446.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車