So-net無料ブログ作成

アストンマーティンとレッドブルがコラボして開発した空力マシン [クルマ]

アストンマーティンはレッドブルレーシングとコラボして開発したハイパーカー、「AM-RB 001」を発表しました。もうご覧になった方も多いでしょう。歴代レッドブルF1を手がけたエイドリアン・ニューウェイによる設計です。

スペックをおさらしておくと、新開発のV12自然吸気エンジンを車両ミッドに搭載し、2人乗りで、軽量設計となっており、パワーウェイトレシオは1:1になるそう。パワーウェイトレシオが1:1ということは、車重が700kgなら700ps、1000kgなら1000psのエンジンを積むということですね。いずれにしてもスーパーカーならぬハイパーカーには違いありません。

am-rb-001_01.jpg

プレスリリースにある一文が気になりました。いわく、ナンバー付きの車両だけでなく、サーキット専用車両を用意するとのこと。デリバリー開始は2018年を予定しており、プロトタイプ(文字通りの試作車)を含めて生産台数は99台から150台を予定。うち25台をサーキット専用車両に充てるそう。

そのサーキット専用車両はLMP1のパフォーマンスをターゲットにしているそう。聞き捨てならないワードですね。そうと知ってサイドビューを眺めてみると、プロトタイプ風(レーシングカーの方の)な佇まいです。

am-rb-001_03.jpg

斜めから後方から見るともう、完全にプロトタイプ。

am-rb-001_02.jpg

モノコックとフロントホイールハウスの間ががっつり空いています。ドライバーの足の位置はどうなっているの? と、気になってしまいますね。

am-rb-001_02b.jpg

正面から眺めてみましょう。バンパーではなく完全にもう、フロントウイングです。キャビンは下側のボリュームが小さく、路面との間に大きなスペースがあることがわかります。

am-rb-001_04.jpg

床下すっかすかなのでしょう。

am-rb-001_04b.jpg

カウル上面は完全にフラット。床下のボリュームが極端に大きいことが伝わってきます。

am-rb-001_05.jpg

LMP1として仕立てるのは現実的に難しそうですが、LM GTEなら行けるでしょうか。

AM-RB001.jpg

行ってほしいなぁ。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車