So-net無料ブログ作成

ZFがヴェンチュリ・フォーミュラEと技術パートナー契約を結ぶ [モータースポーツ]

2016/17年のシーズン3に向けたテストがドニントンパーク(イギリス)で始まりました。シーズン3から新規参入するジャガー・レーシングが姿を現したのもニュースですが、ZFがフォーミュラEに参戦する発表をしたのはサプライズでした。ヴェンチュリとパートナーを組むことで参戦します。

Venturi_ZF_1.jpg

記者会見にはZFレースエンジニアリングのノルベルト・オーデンダールCEO(右端)が出席。

Venturi_ZF_3.jpg

ZFがヴェンチュリとパートナーを組む目的は、「新しいドライブトレーン、すなわちモーター、インバーター、トランスミッションの設計および開発」にあると説明しています。また、「サスペンションシステムの技術やコンポーネント、シミュレーションやテストのリソースに関して支援する」と表明しています。

交渉成立のタイミングから、シーズン3に臨むマシンへの関与は限定的にならざるを得なかったのでしょう。主にZFレースエンジニアリングが開発したダンパー(Sachs=ザックス・ブランド)の搭載に留まります。

Venturi_ZF_2.jpg

シーズン4(2017/18年)に向けては、トランスミッションの再設計/最適化に手を付ける予定。並行して新しいドライブトレーンの開発を行い、完全新設計のドライブトレーンを搭載した車両をシーズン5(2018/19年)に投入する計画だそう。

電動化技術を手がけるドイツの有力サプライヤー、シェフラー(Shaeffler)はすでに、シーズン1からアプト・アウディと組んでフォーミュラEに参戦しています。競合する彼らの活躍を横目に見て、参入を決めたのでしょうか。

Venturi_ZF_4.jpg

楽しみが増えました。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車