So-net無料ブログ作成

【東京オートサロン2017】TOYOTA / LEXUS GAZOO Racingブース [モータースポーツ]

レクサスRC F GT3の発表イベントに出席した流れで、LEXUS GAZOO RacingとTOYOTA GAZOO Racingのブースを駆け足(例えです)で見学しました。

レクサスのブースには横綱の土俵入りのようなレイアウトで3台のレース車両が展示してありました。要(横綱)の位置にRC F GT3。

IMG_5607.JPG

向かって左(大関)は2016年のGT500チャンピオンカー、DENSO KOBELCO SARD RC F(平手晃平/H・コバライネン)。

IMG_5580.JPG

向かって右(大関)は2017年のGT500に投入されるLC500です。GT500の新型車両がサブ扱い。なんて贅沢な展示なんでしょう。フロントセクションがずいぶん低くなっているように見えます。

IMG_5617.JPG

新規則への対応で、ディフューザーはずいぶん小ぶりになりました。GT500よりGT3の方が押し出しが強く見えるのは、全幅の違い(GT500=1950mm、GT3=2030mm)が影響しているよう。

IMG_5610.JPG

LEXUS GAZOO Racingのとなり、TOYOTA GAZOO Racingのレクサス寄りに展示してあったのは、18年ぶりのWRCに投入するヤリスWRCです。サービステント風のディスプレイ。

IMG_5623.JPG

ミラーとそのステー形状、上腕二頭筋で力こぶを作っているように見えます。

IMG_5626.JPG

ブックエンドを並べたようなリヤウイング。

IMG_5643.JPG

側突安全性を高める目的の規定変更により、(16年までの規定に比べて)ワイドになったボディ。いちいちエグイですねぇ。

IMG_5633.JPG

ヤリスWRCの近くには歴代WRCカー(TA64/ST165/ST185)が展示してありました。

IMG_5647.JPG

WRC(世界ラリー選手権)のとなりはWEC(世界耐久選手権)。2016年のトヨタTS050ハイブリッドと、2012年のTS030ハイブリッドが搭載した3.4L・V8自然吸気エンジンが展示してありました。

2016年のWEC富士6時間で展示してあった車両と同じ個体ですが、「5」だったカーナンバーが富士で勝ったのにあやかって「6」に改められると同時に、ミラー&ステーの色も、白から赤に塗り替えられています。WEC富士のときと同様、乗車体験を実施。

IMG_5658.JPG

エンジンは第5戦ブラジルで初優勝したときの個体で、吸気ファンネルを収めるボックスのふたには、ドライバーやエンジニアらのサインが認めてあります。この部分の写真を撮る人の比率、高かったように見受けました。

IMG_5669.JPG

2016年のニュルブルクリンク24時間に参戦したC-HRレーシングも展示してありました。タイミングが悪く、開発責任者から話を伺うこと叶わず。宿題か。

IMG_5677.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車