So-net無料ブログ作成

【IAA2017】メルセデスAMGのレーシングカー展示 [F1]

プロジェクト・ワンを紹介した流れで、メルセデス・ベンツとAMGが占有するホールにあったレーシングカーの展示を見ていきましょう。

左側の矢印が指し示している建物はスマートがほぼ占有。ドーム屋根を持つ奥の建物はメルセデス・ベンツとAMGが占有。

IMG_7104.jpg

ドーム屋根を支える鉄骨も見どころです(個人的に)。

IMG_7139.JPG
IMG_7142.JPG

レーシングカーは3台並んでいました。

IMG_7162.JPG

F1です。説明パネルには2017年型を示す「F1 W08 EQ POWER+」の記述がありましたが、リヤウイングは2016年までの規格に準じた仕様ですし、タイヤは幅狭だしで、「いくらなんでも違うんじゃないか」という気がいたします。特徴的なフロントサスペンションも違いますね。

IMG_6369.JPG

こちらはメルセデスAMG GT3。

IMG_6378b.jpg

一番後ろに並んでいたのは、メルセデスAMG C63 DTM 2017でした。こちらはきちんと最新仕様になっています。

IMG_6382b.jpg

メルセデスAMGペトロナス・モータースポーツのF1カーは、同チームとパートナーを組むクアルコム(Qualcomm)のブースにも展示してありました。こちらはきちんと「2016年車両」と表記してありました。

5GHz 802.11acと60GHz 802.11adのWi-Fi技術を用いて、車両からピット側へのデータ転送を行っている(802.11adの活用が増えていく方向)と、説明がありました。

IMG_7005.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車