So-net無料ブログ作成

Honda NSX Concept-GT〜NSX-GTの開発 [モータースポーツ]

Honda NSX Concept-GTは、新規定に移行した2014年のSUPER GT GT500クラスに投入されました。量産モデルが発売になったのにともない、2017年から車名をNSX-GTに改めています。

変わったのは車名だけではありません。NSX Concept-GTからNSX-GTに至るまでの、開発の経緯は9月22日発売のAUTO SPORT 2017年 10/6号 No.1465にまとめました。全26ページ。

取材したのは6月だったので、「ようやく」という感じ。

AS_NSX_0.jpg

NSX-GTの開発拠点であるHRD Sakuraでは、2017年シーズンに向けた最終テスト車両を撮影しました。

フロントの開口部、どの部分がどの用途に使われているのかは、誌面でご確認ください。

AS_NSX_1.jpg

前後のカウルも開けていただきました。コクピットも撮っています(カメラマンが)。どこに何がレイアウトされているのかは、誌面でご確認ください。

AS_NSX_2.jpg
AS_NSX_3.jpg

もともとFR用に設計された共通モノコックを、MRに仕立て直すことからNSX Concept-GTの開発は始まっています。進んで苦労を背負ったことになりますが、その苦労の内訳をまとめています。

AS_NSX_4.jpg

性能開発どころの話ではなかったのが実状(ま、進んで背負い込んだわけですが)。

AS_NSX_6.jpg

空力というより、熱害対策のための冷却確保が開発の主体でした。

AS_NSX_5.jpg

2017年のNSX-GTに至ってようやく、本来の性能開発に取り組めるようになった模様。

Honda NSX-GT(2017)
NSX-GT_2017.jpg

実は2016年までとはずいぶん、形が違います。

Honda NSX Concept-GT(2014)
NSX_Concept-GT_2014.jpg

2013年の先行開発車と2014年仕様でも、形が違うところがあります。

Honda NSX Concept-GT Test Car(2013)
NSX_Concept-GT_2013_2.jpg
NSX_Concept-GT_2013_1.jpg

詳しくはこちら↓



http://www.facebook.com/serakota
nice!(4)  コメント(0)