So-net無料ブログ作成

フランクフルト駅近極小規模建築散歩 [旅(海外)]

夜9時頃にフランクフルト駅近くのホテルに着いたわけです。チェックインを済ませると、ちょっとこっちへと外に連れて行かれました。別館か何かあるのかな? と思ったらアパートでした。

下の写真は後日明るいときに撮ったので、まあ、集合住宅っぽく見えなくもないですが、真っ暗闇のなかを連れて行かれたと思ってごらんなさい。相当、心細くなります。だいたい、出入り口どこ?

IMG_8231.JPG

真っ暗な玄関ホールを抜けて、真っ暗なエレベーターホールでエレベーター待って、人気のない居住階に着いて、案内された部屋に掛かっていた「春」は逆さまで、呪術的な何かと思いました。

IMG_8226.JPG

明かりを点けた玄関。初めてドアを開けたときは、奥に外の明かりが届かないほど真っ暗でした。

IMG_6637.JPG

心細い一夜を過ごして部屋の外に出てみると、意外や意外、なかなか味のある建物でした(内部に限っては)。

IMG_5548.JPG

味があることがわかると不安は一掃され、次ぎもここでいいかもと思えてくるから不思議です。眺めるのに飽きず、外出が予定より遅くなったのは事実。

IMG_5551.JPG

明るいときの玄関ホールもなかなか味があります。年季が入った建物のよう。

IMG_6638.JPG

こうなるとすっかり建築散歩のスイッチが入ってしまうもので、駅裏のこんな建物にも目が行ってしまいます(東横インの目の前です)。

ERWIN STEIN HAUSと書いてありますね。1930年代の築でしょうか。

IMG_7224.JPG

眺めて飽きませんねぇ。

IMG_7227.JPG

ところで、アパートの電子レンジはボッシュ製でした。シンプルかつモダンなデザイン(アパートに泊まるつもりではなかったので何の準備もなく、使わずじまい)。

IMG_5545.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(2)