So-net無料ブログ作成

『ヘッドランプのテクノロジー』 [クルマ]

前々からヘッドランプの技術についてまとめたいと思っていたのですが、ようやくゴーサインが出て、まとめさせていただくことができました。発売中のMotor Fan illustrated Vol.133 (モーターファン別冊)に掲載されています。

特集タイトルは「電気のチカラ」ですが、端のほうに「ヘッドランプのテクノロジー」とあります。第2特集の扱いです。全24ページ。



もうまもなく、ヘッドランプ(LEDやレーザー)で文字やグラフィックが照射できるようになります。

mfi_headlamp_1_s.jpg

近い将来(2020年頃)の話に移る前に、光源の歴史を振り返ります。

mfi_headlamp_2_s.jpg

LEDが登場するまでは、「いかに明るくするか」が技術開発の大命題でした。各光源の構造と発光の原理をまとめています。

mfi_headlamp_3_s.jpg

2007年に登場したLEDは短期間に急速に進化しています。その進化の内容をまとめています。

mfi_headlamp_4_s.jpg

ADB(Adaptive Driving Beam:ハイビームの可変配光システム)の進化の過程と、各方式の原理をまとめています。今後ますます普及していくシステムで、一度体験したらやめられません。安全ですしね。

mfi_headlamp_5_s.jpg

ADBの「次」の技術についてまとめています。冒頭に記した、文字やグラフィックの表示も「次」です。ル・マン24時間なんか、いいデモンストレーションの場だと思うんですけどねぇ。

mfi_headlamp_6_s.jpg

小糸製作所、スタンレー電気、市光工業(ヴァレオグループ)の国内3社にご協力いただき、取材することができました。各社のケーススタディを掲載しています。フランクフルトモーターショー(IAA)では、ヘラやZKWから話を聞きました。

最近試乗したクルマが、たまたま国内3社のLEDヘッドランプを搭載していました。ダイハツ・ミラ・イースは小糸製作所製の(プロジェクター式ではなくより低コストな)パラボラ式LEDヘッドランプを搭載。

IMG_5139.JPG

スズキ・スイフトスポーツはスタンレー電気製のプロジェクター式LEDヘッドランプを搭載。

IMG_7404.JPG

新型日産リーフは、市光工業製のLEDヘッドランプを搭載。

IMG_9262.JPG

LEDの採用例、加速度的に増えています。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車