So-net無料ブログ作成

【TMS2017】3Dプリンターで製作したエキマニ集合管 [モータースポーツ]

とある企業のブースに展示してありました。コレ、何でしょう。

IMG_0120.JPG

もうちょっと広い画で見てみましょう。

IMG_0119.JPG

エキゾーストマニフォールドの集合部です。「コレクター」と言ったりします。コレ、3Dプリンターで製作したものです。どのエンジンかというと、日産/ニスモのVRX30A evo.です。2017年のル・マン24時間レースに出走したバイコレスENSO CLM P1/01(LMP1ノンハイブリッド)が搭載したエンジンです。

矢印の先がエキマニ集合部で、この部分が3Dプリンター製。

VRX30A.jpg

材質はインコネル(ニッケル系合金)。積層時間は22時間と記してあります。

IMG_0123.JPG

Arcam A2Xという3D金属粉末積層装置(左端)で積層。チタンも積層できます。

IMG_0125.jpg

コレクターといえば、板金で製作したり、

P1100225.jpg

ハイドロフォーミングで製作したりといったイメージでしたが、

P1170784.JPG

3Dプリンターで製作する時代なのですね。西3(西展示棟4階)の「株式会社コイワイ」に展示してあります。

IMG_0117.JPG

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0)