So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【香港電動方程式】とりあえず現地入り [モータースポーツ]

フォーミュラEのシーズン4が開幕(12月2日、3日のダブルヘッダー)するので、香港にやってきました。開催カレンダー中、日本から最も近い開催地ですので、この機会を逃すと結構大変。

香港を訪れるのは15年ぶりくらいです。当時使い残した紙幣は無事使えました。

空港から香港島のホテルまではタクシーを利用したのですが、運転手がスマホ使いの名手だったようで、Aピラーの付け根に3台並んでいます。隠れて見えませんがこの一角にもう1台あります。実はもう1台、センターコンソールに隠してあって、渋滞時に取り出してはいじくっていました。どう使い分けているのか、さっぱりわかりませんでした。

IMG_2176.JPG

告げた行き先と違うホテルに連れて行かれたのはご愛敬(気づかずに降りてチェックインしようとしたのは、もっとご愛敬)。

そうとは知らず、こんな雑多な場所を通るんだと、のんきに車窓越しに写真撮っています。果物屋ですが、わざわざ「老舗」と書きたくなる事情があるのでしょう(Old Shopと言われれば確かにそうですが……)。

IMG_2180.JPG

取材パスの発給は翌日からなのですが、ロケハンを兼ねてメディアセンター付近まで歩いて見ました。約30分。コースは香港島にあり、九龍半島側の海に面しています。

IMG_2210.JPG

フォーミュラEの開催を告知する垂れ幕や横断幕などもちらほら散見されました。

IMG_2200.JPG

もっと楽にアクセスできる手段はないかと、帰路は地下鉄を利用してみました。ホテルの最寄り駅までは1駅で、運賃は4.5香港ドル(1香港ドルは約15円)。行き先の駅をタッチすると、料金が画面に表示されます。

IMG_2217.JPG

地下鉄を選択したのは間違いで、駅構内を歩くのなんの。「これだけ歩いたらホテル着いているんじゃないか?」というくらい歩かされます。

途中、フォーミュラE香港戦の告知に出会いました。

IMG_2237.JPG

中国語で表記すると、フォーミュラEは「電動方程式」なのですね。

IMG_2231.JPG

ホテルのエントランスでも「香港電動方程式」を告知。

IMG_2240.JPG

ちなみにホテルの隣りは乾物屋。

IMG_8849.jpg

咳やぜんそくに効くらしいですが、間に合っています。

IMG_8850.jpg

なかなか味わい深い界隈です。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』取材時に撮影したモノ・その2 [モータースポーツ]

12月1日に発売される佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)にまつわる情報のつづきです。

2016年から導入されたバーチカルフラップを見てみましょう。

IMG_9392.jpg

何らかの原因で走行中の車両が後ろ向きになった際、ディフューザー側から空気が入ることによる浮き上がりを防ぐ目的で導入されました。フラップが起き上がった状態がこちら↓

IMG_9391.jpg

ホンダ製2.2L・V6直噴ターボエンジンです。東京モーターショーでご覧になった方も多いことでしょう。ターボチャージャーは非搭載状態でした。

IMG_9548.jpg

美しい……。

IMG_9328.jpg

タイヤかすの付着が生々しいヘルメットです。ベンチレーションはアライヘルメットの標準装備ですが、タイヤかすなどが直撃して流路をふさがないよう、網が設けてあります。

IMG_9381.jpg

誌面に登場するスーツはこのようなバッグに入っていました。

IMG_9666.jpg
IMG_9647.jpg



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』取材時に撮影したモノ・その1 [モータースポーツ]

12月1日に発売される佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)にまつわる情報のつづきです。

撮影は10月某日、ツインリンクもてぎの40〜42番ピットで行われました(途中、インタービューのため本田技術研究所 四輪R&Dセンターに移動)。

IMG_9584.jpg

左右のタイヤの傾き具合も含め、きれいな写真は誌面でご確認ください。

IMG_9624.jpg

ファイアストン製のタイヤは新品でした。INDIANAPOLIS MOTOR SPEEDWAYのロゴが目を引きます。

IMG_9565.jpg

スーパースピードウェイのエアロキットを開発するうえで最大の課題はドラッグ(空気抵抗)の低減です。どこに気を遣ったのかは誌面でご確認いただくとして、フロントホイールの内側を見てみましょう。空気抵抗を最小限に抑えるため、フラットな造形になっています。

ブレーキ冷却のためのダクトは車両中心寄りに張り出すのが一般的ですが、インディカーの場合、NACAダクトを用いて張り出しを回避しています。

IMG_9476.jpg

ロッドやアームの取り付け点は、可動範囲のみスリットを設け、それ以外は透明フイルムでしっかりふさいでいます。

IMG_9449.jpg

サスペンションアームはCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)でできているように見えますが、スチールのアームにCFRPのカバーを被せています。写真は左リヤのトップアーム。

IMG_9454.jpg

佐藤琢磨選手がインディ500のレース中、ずっと踏み続けていたアクセルペダルです。

IMG_9471.jpg

つづく。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』は12月1日発売 [モータースポーツ]

佐藤琢磨インディ500優勝のすべて (サンエイムック)が12月1日に発売されます。

10月某日も雨でした。ツインリンクもてぎのガレージで、佐藤琢磨選手がインディ500で走った車両とエンジン、レーシングギヤ(ヘルメット/スーツ/シューズ)を撮影させていただきました。東京モーターショーに搬入する前に、ちょっとお借りした格好。

IMG_8564.jpg

ガレージをスタジオに仕立てて撮影します(もちろん、プロのカメラマンが)。誌面でご確認いただくとその差異に驚くと思いますが、こんな状況で撮影しておりました(動画もあり)。

IMG_8570.jpg

世良耕太は「空力」と「エンジン」のパートを担当しています。「へぇ、そういうことだったんだぁ」というエピソードが満載のはず……。

IMG_8568.jpg

ずっと出先で満足な準備ができないので、詳細はまたいずれ。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジンの分解写真・その3 [クルマ]

さて、1〜3番(左バンク)のシリンダーヘッドを外して、燃焼室側を見てみましょう。左端はタイミングチェーンの部屋。

IMG_1261.jpg

燃焼室の天井側を近くで見てみます。吸気バルブ側に直噴インジェクターの先端が見えます。

IMG_1282.jpg

タイミングチェーンケースを覗いてみます。あぁ、絶景かな。

IMG_1365.jpg

ちょっと引いて見てみましょう。4つ並んでいる穴は、シリンダーヘッド側からオイルタンクに引っ張ってくるオイルの流路。

IMG_1364.jpg

角度を変えて見てみましょう。ケースの側面にエンジンの型式(?)を示す「MA175」の刻印が確認できます。

IMG_1369.jpg

シリンダーブロック側を見てみましょう。写真右側がタイミングチェーン。

IMG_1202.jpg

シリンダー壁面にはニカシルメッキが施してあります。

IMG_1207.jpg

ピストンを外して、底の方を見てみます。クランクシャフトの右脇にピストンオイルジェットが見えます。

IMG_1361.jpg

オイルサンプやオイルポンプを取り外すと、クランクケースが露出します。これまた絶景で、狭い間隔で並んでいるコンロッドが確認できます。

IMG_1355.jpg

クランクケース底部の窓から覗き込んだチタン合金製コンロッド。

IMG_1419.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジンの分解写真・その2 [クルマ]

ポルシェ911 GT3(991前期型)が搭載する3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジン・分解写真のつづきです。いきなり触媒。ジョンソン・マッセイ(Johnson Matthey)製。

IMG_1066.jpg

エンジンの裏面を見ます。オイルサンプ(の内側にスカベンジングポンプ/オイル圧送ポンプ)、オイルフィルター、オイルクーラー(ヒートエクスチェンジャータイプ)の3点セット(?)が確認できます。写真右側がエンジン後方。

IMG_1070.jpg

オイルを冷却するヒートエクスチェンジャー単体。マーレ(Mahle)製。

IMG_1292.jpg

ヒートエクスチェンジャーの内部を覗きこんでみます。フィンがちょっとだけ見えます。

IMG_1295.jpg

オイルサンプを外すと、スカベンジングポンプ/オイル圧送ポンプの本体が出てきます。SHW製。「工場萌え」に通じる景色だと個人的には思うのですが……。

IMG_1309.jpg

車載状態ではオイルポンプの上にあってクランクケースの底の部分にあるのが、格子状のオイル・ウィンデージ・トレイ(Oil Windage Tray)。クランクシャフトの回転に起因するオイルの撹拌ロスを低減するのが狙い。

IMG_1315.jpg

カミソリクランクは後回しにして、カムカバーの裏側です。カムシャフトのベアリングキャップが、カバーと一体になっているのがわかります。

IMG_1121.jpg

吸排気バルブはDLCコーティングが施されたフィンガーフォロワーを介して駆動しています(最新の4.0L版はダイレクト)。カムの奥に見えるのは、カムシャフト固定用の治具。

IMG_1095.jpg

カムシャフトの両サイドにあるのは、ヴァリオカム(可変バルブタイミング機構)の油圧アクチュエーター。HILITE製。

IMG_1180.jpg

つづきます。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジンの分解写真・その1 [クルマ]

MOTOR FAN illustrated Vol.134 (モーターファン別冊)では、ポルシェ ジャパンの協力のもと、ポルシェ911 GT3(991前期型)が搭載する3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジンの分解写真を掲載しています(現行GT3は4.0L)。プロが撮ったきれいな写真は誌面でご覧いただくとして、ここでは補足の意味で未掲載カット(というか、撮影の邪魔しながら勝手に撮ったカット。緑かぶり御免)を紹介します。

エンジンを後面から見た様子です。吸気系も含めて補器類が外れた状態ですので、「フラット」なのがよくわかります。

IMG_1023.JPG

RSRやCUPカーのピストンやコンロッド、シリンダーライナーも見せていただきました。RSR(最新仕様ではありません)のコンロッドです。チタン合金製。

IMG_1003.JPG

「Pankl(パンクル)」のロゴが確認できます。その上に、ポルシェ純正パーツであることを示す「P」マークがあります。

IMG_1001.JPG

RSRのピストンも見てみましょう。当然ですが、レーシングエンジンのそれです。

IMG_1238.JPG

「井」の字形のしっかりした構造ですね。

IMG_1235.JPG

左斜め前方の下側からエンジンを眺めます。エキゾーストマニフォールド分だけどうしても、搭載位置は高くなってしまいます。ただ、その高さを利用してオイルポンプや熱交換器を配置。

IMG_1038.JPG

エンジン裏面全景。左側が車両前方。

IMG_1051.JPG

エンジン上面には燃料供給系がレイアウトされています。高圧燃料ポンプ&燃料供給レールは片バンクごと独立にレイアウト。

IMG_1044.jpg

高圧燃料ポンプはMagneti Marelli(マニエッティマレリ)製。Pマークも確認できます。

IMG_1042.JPG

吸気ポートを見ます。

IMG_1158.jpg


エキゾーストマニフォールドを外します。

IMG_1053.JPG

唐突に、つづく……。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【SGT Rd.8もてぎ2017】手にとって確かめられるZFのパーツ [モータースポーツ]

中央エントランスと観客席に挟まれたエリアには、企業のブースがたくさん並んでおり、それはそれはにぎわっておりました(フードストリートにはいいにおいが漂っています)。

IMG_1815.jpg

一角にZFのブースがありました。

IMG_1866.jpg

台の上に無造作にパーツが置いてあります。

IMG_1863.jpg

何がうれしいって、手にとって直接感触を確かめられること。下の写真はF1のダンパー。小さく、軽いことが手に取ってみると、よくわかります。

IMG_1838.jpg

こちらはF1用クラッチ。カーボンディスクの径は97mmしかありません。径の大きい5枚のインターミディエイトプレートの間に、4枚のドリブンプレートがあります。ハウジングはチタン製。

IMG_1853.jpg

こちらはDTMの共通部品に指定されているクラッチ(やはり4プレート)。ディスク径は140mm、ハウジングはスチール製。スタンディングスタートのDTMは、6000rpmで半クラッチにし、数秒間維持します。その際の表面温度は1200℃に達するのだそう。ずいぶん過酷な条件にさらされます。

IMG_1849.jpg

大きさの違い、わかるでしょうか。左端がDTM(GT500もほぼ同仕様)用。

IMG_1835.jpg

「何だろう、このダンパー」と思って説明書きを見たら、フォーミュラEやV8スーパーカー(オーストラリア)で採用されていると書いてありました。ほほぅ。

IMG_1859.jpg

ブース内にはZF製ダンパーを搭載する、横浜国立大学の学生フォーミュラ車両(搭乗体験を実施)も展示してありました。フォーミュラEの垂れ幕(?)もありますね。

IMG_1871.jpg

ZFは2016/2017年のシーズン3から、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームと技術提携を結んでいます。12月の香港戦で幕を開けるシーズン4には、新開発の2速ギヤボックスを投入するそう。どんな技術が投入されるのか、楽しみです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【SGT Rd.8もてぎ2017】DTMのDRS(ドラッグ削減システム) [モータースポーツ]

DTMが採用していてSUPER GT GT500が取り入れていない技術に、DRS(ドラッグ削減システム)があります。フォーメーションラップでの先導やデモンストレーション走行などの役目を終え、撤収作業に取りかかっている際(ちょうど、見たいところが見えていますので)、撮影させていただきました。

IMG_1786.jpg

2013年から2016年までは、リヤウイング全体が後ろに傾いてドラッグ(空気抵抗)を減らす仕組みでしたが、2017年に変更になり、F1のDRSと同様、フラップが開く方式になりました。

こんなふう。

2017_Audi_DTM_4.jpg

新旧DRSの比較はこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2017-02-24

2013年に導入された旧システムの構成です。リヤのクラッシャブルストラクチャーで支持するウイングステーにアクチュエーターやリンク機構を搭載しています。構成は新DRSも同じ。下の写真は旧システム。

DRS_2013.jpg

旧システムを紹介した当時のエントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2013-08-21

リヤウイングが取り外された状態ですが、システムの全景はこんなふう。

IMG_1762.jpg

空気圧を利用したアクチュエーターで動かしています。

IMG_1769.jpg

ついでに、トランスアクスル方式のヒューランド製6速トランスミッションも見ておきましょう。ケーシング上面のダンパー&コイルスプリングは取り外された状態。トランスミッション前方のベルハウジングに、ZF製クラッチが収まっています。

IMG_1773.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【SGT Rd.8もてぎ2017】レクサスRC F GT3の地上高管理など [モータースポーツ]

GT300クラスでLEXUS RC F GT3を走らせているLMcorsaにご協力いただいて、主に51号車を撮影させていただきました(関連記事は『Motor Fan illustrated 特別編集モータースポーツのテクノロジー2017-2018』に掲載予定。詳細はいずれ)。

IMG_1538.JPG

セッションの前後に必ず、寸法や角度を厳密にチェックし、必要とあれば調整します。下の写真はフロントの最低地上高を管理しているところ。定規にレーザーを当てて数字を読み取っています。

IMG_1527.JPG

アライメントを管理している際の様子。

IMG_1641.JPG

リヤウイングの角度を計測しています。

IMG_1658.JPG

リヤウイングの高さを計測しています。

IMG_1661.JPG

最低地上高などは、規定値に対してずいぶんぎりぎりを攻めているようです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車