So-net無料ブログ作成

ポルシェ3.8L・水平対向6気筒自然吸気エンジンの分解写真・その3 [クルマ]

さて、1〜3番(左バンク)のシリンダーヘッドを外して、燃焼室側を見てみましょう。左端はタイミングチェーンの部屋。

IMG_1261.jpg

燃焼室の天井側を近くで見てみます。吸気バルブ側に直噴インジェクターの先端が見えます。

IMG_1282.jpg

タイミングチェーンケースを覗いてみます。あぁ、絶景かな。

IMG_1365.jpg

ちょっと引いて見てみましょう。4つ並んでいる穴は、シリンダーヘッド側からオイルタンクに引っ張ってくるオイルの流路。

IMG_1364.jpg

角度を変えて見てみましょう。ケースの側面にエンジンの型式(?)を示す「MA175」の刻印が確認できます。

IMG_1369.jpg

シリンダーブロック側を見てみましょう。写真右側がタイミングチェーン。

IMG_1202.jpg

シリンダー壁面にはニカシルメッキが施してあります。

IMG_1207.jpg

ピストンを外して、底の方を見てみます。クランクシャフトの右脇にピストンオイルジェットが見えます。

IMG_1361.jpg

オイルサンプやオイルポンプを取り外すと、クランクケースが露出します。これまた絶景で、狭い間隔で並んでいるコンロッドが確認できます。

IMG_1355.jpg

クランクケース底部の窓から覗き込んだチタン合金製コンロッド。

IMG_1419.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車