So-net無料ブログ作成

ポルシェ919ハイブリッド・エボがニュルで956 Cと共演 [モータースポーツ]

オリジナルの919ハイブリッドに対して性能が強化されたポルシェ919ハイブリッド・エボが各地を巡る「919トリビュート・ツアー」の次の目的地がニュルブルクリンク24時間(5月12日決勝スタート)であることは、スパ・フランコルシャンでタイムアタックを行った際に予告されていました。「24時間レースのスタート前にデモラップを行う」と。

その詳細が発表されました。6分11秒13の最速記録を持つポルシェ956 Cと共演します。

M18_1212.jpg

タイムアタックは行いません。2台はセーフティカーの後方で、フォーメーションラップを先導します。

M18_1213.jpg

919ハイブリッド・エボをドライブするのは、2017年ル・マン24時間ウイナーでもあるティモ・ベルンハルトです。一方、956 Cをドライブするのは、1986年と87年のル・マン・ウイナー、ハンス=ヨアヒム・スタック。

M18_1210.jpg

1983年5月28日に行われた1000kmレースのプラクティスでステファン・ベロフが6分11秒13を記録した際にドライブしていたのは、シャシーナンバー007の956 Cだったそう。5月12日のニュルブルクリンク24時間でデモラップを行う956 Cのシャシーナンバーは005で、1984年にジャッキー・イクスとヨッヘン・マスがシェアした個体だとポルシェは説明しています。

当時、商業権上の理由からタバコブランド「Rothmans」のロゴは「Racing」にしばしば置き換えられましたが、1983年1000kmレース出場時のシャシー007と同様、5月12日にストックが運転する005も「Racingとなっています。

M18_1211.jpg

スタックは1984年にベロフと956 Cをシェアします。956に乗るのが初めてだったスタックはベロフに「グラウンドエフェクトカーの乗り方を教わった」そう。

「ポルシェに入って、彼らのクルマが無敵なのがよくわかった。ギヤボックスのトラブルはないし、ブレーキは素晴らしかった。ものすごいダウンフォースのおかげで、非常に高いスピードでコーナーに飛び込むことができた。それは文字どおり、地面に吸い付くようだった」

スタックはそうコメントしています。

M18_1208.jpg

ポルシェ919ハイブリッド・エボの次の訪問先は、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(7月12日〜15日)が予定されています。

ポルシェ919ハイブリッド・エボに関する前回エントリーはこちら↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-04-10

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

【WEC 2018】ミシュランが各カテゴリーに供給するタイヤ一覧 [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)各カテゴリーで、ミシュランが供給するタイヤについて整理しておきましょう。カテゴリーごとにラインアップやサイズ、セッションごとの割り当て本数が異なります(共通項も多いですが)。

Michelin_WEC_Spa_1.jpg
(クリックで拡大)

LMP1はスリック(ドライ)、ハイブリッド(インターミディエイト)、ウエット、フルウエットの4種類です。スリックはソフト、ミディアム、ハードの3種類が用意されており、コースの特性に合わせて2種類が持ち込まれます。スパはタイヤへの負荷が高いこともあり、ミディアムとハードが持ち込まれました(LMP2とLM GTEも同様)。

LMP1ハイブリッド(すなわちトヨタ)とLMP1ノンハイブリッドは駆動方式が異なる(LMP1ハイブリッドは前輪をモーターで駆動)こともあり、サイズは同じでもタイヤの仕様は異なります。LMP1はハイブリッド/ノンハイブリッド全車(10台)がミシュラン製タイヤを装着。

IMG_8948.jpg

LM GTE PROも、メーカーごとに専用のタイヤを開発しています。AMも含めてLM GTEは全車両(10台+9台)がミシュラン製タイヤを装着。

IMG_8945.jpg

ミシュランは2018-2019のスーパーシーズンから、LMP2へもタイヤの供給を始めました(2017年はル・マン24時間参戦車両にのみ供給)。

29号車(RACING TEAM NEDERLAND/ダラーラP217)、31号車(DRAGONSPEED/オレカ07)、50号車(LARBRE COMPETITION/リジェJS P217)の3台で、各シャシーコンストラクターに行き渡っているのが興味深いところ。その他の車両(5台、すべてオレカ07)はダンロップ製タイヤを履きます。

プロローグ(WEC公式テスト)で収録した、ミシュラン公式動画↓







http://www.facebook.com/serakota

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1】追い越しを増やすための2019年空力変更点 [F1]

2018年5月1日に発表がありました。2019年のレギュレーション変更で、空力に関する規定が一部変更されます。追い越しの機会を増やすのが狙い。

変更点は3つ。

フロントウイングのスパンは長くなり、外向きの流れ(アウトウォッシュ)を弱めるため、翼端板まわりはシンプルになります(変更点その1)。

2019_front_image.jpg

フロントウイングの外側にはカスケードウイングと呼ばれるフラップ類がついています。フロントタイヤの接地面を起点に発生する乱流が、フロアなど、後方の空力デバイスに影響を与えないよう乱流を外に向かわせる役割を担っています。同様の役割を受け持つカナードも排除され、フロントウイングはシンプルになります。

2019_front4_image.jpg

ブレーキダクトに取り付けられているウイングレットも禁止されます(変更点その2)。フロントタイヤ起因の乱流制御をしてはいけないということですね。裏を返せばこれらの制御による空気の流れが、近づこうとする後続車の邪魔になっていたということでしょう。

英Autosportの動画がアウトウォッシュの影響をうまく説明しています↓
https://youtu.be/xdWFulVLOqg

2019_front3_image.jpg

リヤウイングはワイドになり、深く(角度が急)なります(変更点その3)。コースによっては今でも充分深いですけどね。DRS(ドラッグ削減システム)の効果を大きくするのが狙いです。

IMG_8153.jpg

狙いどおりの効果が現れるといいのですが……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「全部で6時間?」なスパ・フランコルシャン [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)の「2018-2019スーパーシーズン」が始まりますね。イベント名称は「TOTAL 6 HOURS OF SPA-FRANCORCHAMPS」なのですが、わざわざ「全部で(TOTAL)6時間」なんて言わなくてもいいのにと、一瞬だけ思ってしまいました。

2017年シーズンまではシェル(SHELL)が公式燃料サプライヤーを務めていたのですが、2018-2019スーパーシーズンからトタル(TOTAL)が燃料を供給することになりました(5年契約)。そのトタルがスパ・フランコルシャン戦のタイトルスポンサーを務めているということです(先刻承知だとは思いますが)。

IMG_8956.jpg

「全部で」ではなくて、「トタル」です(と自分に言い聞かせる)。

IMG_9191.jpg

WEC公式テストのPROLOGUEですでに、サポートを開始していました。それを知っていて「全部で?」と読み違えたわけですが……。

IMG_8966.jpg
IMG_9574.jpg

バイオエタノールを20%混合したガソリン(E20)を供給することに変わりはありません。が、中身はシェル製とは全然違って、それなりに適合は必要だったとTOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表の村田久武さんは説明してくれました。

IMG_9534.jpg

200L入りで、

IMG_9533.jpg

正味重量は148kgなので、比重は0.74。

IMG_9532.jpg

TOTALスパ・フランコルシャン6時間のスポッターガイドはこちら↓
https://www.fiawec.com/assets/fileuploads/5a/dd/5add9cd43c766.pdf

http://www.facebook.com/serakota

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車