So-net無料ブログ作成

【F1】第6戦モナコGPのタイヤに関する情報 [F1]

第5戦スペインGPとはどの程度状況が違うのか? 確認の意味も含めて第6戦モナコGPでのタイヤに関する情報を見ていきましょう。前回はFIAからの情報のみお届けしましたが、今回はピレリ発信の情報もお届けします。

F1第5戦スペインGPのタイヤにまつわるインフォグラフィックなど↓
http://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-05-13

モナコGPに持ち込まれたコンパウンドは、ハイパーソフト(ピンク)/ウルトラソフト(パープル)/スーパーソフト(レッド)の3種類です。2018年から新たに追加されたハイパーソフトは初登場。

F1_2018_Rd06_HyperSoft.jpg
F1_2018_Rd06_Tyre.jpg

サーキットに関する情報です。タイヤへの負荷が低いことを示しています。路面のグリップが低いので、ダウンフォースは最大限必要と分析しています。

06-MC-Preview-EN.jpg
(クリックで拡大)

FIAの分析によるイニシャル(走り始めの)ロングラン・ペースはこちら。ハイパーソフトだけ図抜けて速いことを示しています。

イニシャル・ロングラン・ペース
F1_2018_Rd06_1.jpg

各コンパウンドのベストタイムです(ピレリまとめ)。やはり、ハイパーソフトが段違いに速いことを示しています。

コンパウンド別ベストタイム
F1_2018_Rd06_Time.jpg

でも、ハイパーソフトは性能劣化(デグラデーション)によるラップタイムの落ち込みが激しいことを、次のグラフは示しています。予選で使うのはいいけどレースではどうなのでしょう……。

平均タイヤデグラデーション
F1_2018_Rd06_2.jpg

考え得るピットストップ戦略は、次のように示しています(by FIA)。どのパターンも1ストップです。スタートで履くタイヤを自由に選べる11番手以下のドライバーは、ウルトラソフト〜スーパーソフトとつなぐのがセオリーでしょうか。

考え得るピットストップ戦略
F1_2018_Rd06_3.jpg

各ドライバーの持ちタイヤです。

2018年F1第6戦モナコGP決勝レース ドライバー別持ちタイヤ
06-MC-RaceSets.jpg
(クリックで拡大)

ポールポジションからスタートするリカルドは、新品を1セット(ウルトラソフト)しか持っていません。

一方、最後尾からスタートするフェルスタッペンは(予選を走らなかったので)ハイパーソフトを5セットも残しています。

ストロール、ハートレー、マグヌッセン、エリクソンはハイパーソフトの新品を3セット残しています。どう使ってくるか(使わないのか?)に注目しておきましょうか。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車