So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年08月| 2018年09月 |- ブログトップ
前の10件 | -

トヨタ会館見学・その3 [クルマ]

「安全と自由」の次は「生産と創造」ゾーンです。体験コーナーが充実しています。

左から「ふつうの鉄板」「高張力鋼板」「ホットスタンプ材」「アルミニウム」「CFRP」が並んでいます。持ち上げて重さを確認できるようになっていますが、強度をそろえているので、アルミが軽いとは限りません。

IMG_5821.jpg

こちらはレーザースクリューウェルディング(LSW)の解説。叩いたときの音の違いで、通常のスポット溶接とLSWの強度の差を感じ取ることができます。

IMG_5824.jpg

接合技術一覧です。穴を覗くと接合部の様子を確認することができます。

IMG_5828.jpg

スポット溶接のガンを間近に見ることができます。

IMG_5834.jpg
IMG_5830.jpg

「企業と社会」のゾーンを抜けて「車両展示」エリアに戻ってきました。トヨタ自動車に所属するフィギュアスケーター、宇野昌磨選手のパネルです。

IMG_5837.jpg

平昌オリンピックで着た衣装が展示してありました。

IMG_5835.jpg

2階にはミュージアムショップがあります。

IMG_5858.jpg

目立つ場所に『F1 テクノロジー考 (- F1 機械工学大全 - 第2弾)』を置いてくれていました。ありがとうございます。

IMG_5849.jpg

となると、気になるのはもう1冊のほう。『トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』はこのような状態で置いてありました。

IMG_5854.jpg

ありがとうございます。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トヨタ会館見学・その2 [クルマ]

「環境と感動」コーナーは実車のカットモデルが目を引きました。こちらはFCV(燃料電池車)のミライ。

IMG_5758.jpg

解説パネルと照らし合わせると、何がどこにあるのか、より深く理解することができます。

IMG_5760.jpg

こちらはプリウスPHV。

IMG_5768.jpg

ラゲッジスペースの底が浅い理由もわかりますね……。

IMG_5764.jpg

電動システムの効率化につながる技術の紹介も充実しています。こちらは全固体電池。英語表記だとSolid-state〜なのですね。YMOを思い起こしてしまうのは世代か……。

IMG_5772.jpg

モータースポーツの世界では「現役」なSiC(シリコンカーバイド)パワー半導体の説明コーナーもありました。

IMG_5775.jpg

シリコンやダイヤモンドとの結晶構造の違いを示しています。

IMG_5777.jpg

現在主流のSi(シリコン)パワー半導体に比べて小型化が可能になることを説明しています。

IMG_5779.jpg

パワーコントロールユニット(PCU)のサイズでこれだけの違いが現れる、と説明しています。大きい方がSiパワー半導体を使用した現行サイズ。手前はSiCパワー半導体を使用したPCUの目標サイズ。

IMG_5782.jpg

「環境と感動」ゾーンの次ぎに待ち構えているのは、「安全と自由」ゾーンです。午前中の取材は「安全」がテーマだったのでタイムリー。午後は「三元触媒」がテーマでした。

IMG_5800.jpg

ボディ骨格が機能別に色分けされています。

IMG_5813.jpg

シミュレーション技術の発達ぶりもわかる仕掛け。

IMG_5816.jpg

つづく。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

トヨタ会館見学・その1 [クルマ]

「会館」と聞くと厚生年金会館とか東京會舘とか九段会館を思い浮かべてしまい、その手の用途(といっても多種多様でひとつに定まっていませんね)かと思いきや、トヨタ会館(愛知県豊田市トヨタ町1番地)はトヨタの最新モデルや最新技術を展示した博物館です。英語表記はToyota Kaikan Museum。

午前と午後(というより夕方)の取材の間に結構なインターバルがあったので、これ幸いとばかり、ひとめぐりしました。車両展示スペースにはトヨタとレクサスの最新モデルが並んでいます。

IMG_5841.jpg

懐かしのレクサスLFAです(手前)。いま見ても新鮮。奥は「5大陸走破プロジェクト・第5弾アフリカ」を実行中のハイラックス。乗ってみたいクルマの1台です。

IMG_5717.jpg

車両展示場の一角にモータースポーツのコーナーがあります。黄色いLFAが展示してあったのは、このクルマとの関連でしょうか。2010年のニュルブルクリンク24時間レース出場車(クラス優勝)。

IMG_5721.jpg

WEC(FIA世界耐久選手権)の参戦意義について説明しています。6月のル・マン24時間で発表されたばかりのGRスーパースポーツコンセプトについて説明があり、情報のアップデート早いな、との印象を持ちました。

アップデートが早いのはモータースポーツに限った話ではなく、館内全体が最新の情報でいっぱいです。

IMG_5724.jpg

「環境と感動」ゾーンには、プリウスPHVが展示してありました。

IMG_5730.jpg

最初に「エンジン開発の目指す方向」について説明しています。

IMG_5753.jpg

「一滴の燃料をどこまで走るパワーに変えられるか」と書いてあります。この一文を目にしたとき、「ここはモータースポーツのゾーンだっけ?」と一瞬錯覚しました。

市販車のエンジン開発について表現したフレーズですが、WECのハイブリッド・パワートレーンも同じ目的で開発が進んでいます。

IMG_5756.jpg

タイヤに伝わるパワーを向上させるには、トランスミッション(を含めたドライブトレーン)の役割が重要なことを示しています。

IMG_5737.jpg

2.8L直噴ターボディーゼルエンジン、1GD-FTVの技術的な特徴を解説するビデオです。説明パネルや動画はすべて、日本語、英語、中国語の3ヵ国語に対応しています。

IMG_5747.jpg
IMG_5752.jpg

エンジン+ドライブトレーンの仕組みを動かしながら確かめられる展示物がありました。

IMG_5731.jpg

動かしてみると、仕組みがよくわかります(欲しい)。

IMG_5735.jpg

つづく。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アストンマーティン「プロジェクト003」は新LMP1のベース車両? [クルマ]

アストンマーティンが新しいハイパーカーの開発・生産・販売について発表しました。コードネームは「プロジェクト003」。ヴァルキリー(001)、ヴァルキリーAMR Pro(002)に次ぐ3番目のハイパーカーというわけです。

AM003.jpg

生産台数は500台。デリバリーは2021年後半を予定しています。

003はエイドリアン・ニューウェイが設計したヴァルキリーや、トラック(サーキット)専用のヴァルキリーAMR ProのDNAを受け継ぐモデルに位置づけています。軽量構造で、過給ガソリンエンジンベースのハイブリッドシステムを搭載。

可変エアロの採用でロードリーガルな車両としては卓越したダウンフォースを発生し、アクティブサスを採用することで、サーキットと公道の双方で正確かつコントローラブルなドライバーとの対話を実現するとしています。マクラーレン・セナもそうですし、可変エアロとアクティブサスはハイパーカーのスタンダードな装備になりつつありますね。

ヴァルキリーAMR Proはサーキット専用。ヴァルキリーも実用性はほとんど顧みられていませんでした。003はこれまでよりはロードユース寄りで、実用的なラゲッジスペースが確保される予定。

ところで、アストンマーティンが003をハイブリッドパワートレーンを積んだハイパーカーとしたところが気になります。ひょっとして、2020-2021年のWEC(FIA世界耐久選手権)に導入される新しいLMP1への参戦を視野に入れたベースモデルなのでしょうか……。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ポルシェミュージアム】まずは外から…… [クルマ]

実際は館内を一巡してから外に出て眺めたのですが、ポルシェミュージアムを訪れた際、展示物を見るだけではもったいない。

IMG_5646.jpg

建物それ自体も一見の価値がありますし、隣接するラウンドアバウトの全周がポルシェ関連施設ですので、ぐるりと眺めて飽きません。

IMG_5638.jpg

2015年に訪れた際はラウンドアバウトの中心で重機が動いていましたが、「インスピレーション911」と題した高さ24mのスカルプチャーを作っていたのですね。

IMG_5617.jpg

ツェッフェンハウゼン工場の壁に、電気自動車タイカン(Taycan)の広告看板。横一文字のLEDが目を引きます(好きです)。

IMG_5614.jpg

ポルシェセンター(販売店)なめのツェッフェンハウゼン工場。

IMG_5631.jpg

ラウンドアバウトに面したガラス面を見てみましょう。

IMG_5625.jpg

企画展示の内容がドイツ語で記してあります。

IMG_5650.jpg

ピロティに置いてある車両に英語表記がありました。

特別展示「ポルシェスポーツカーの70年」

2019年1月9日までの開催です。

IMG_5653.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【予告】ポルシェ919ハイブリッドのテクノロジー [モータースポーツ]

ポルシェ・ヴァイザッハ開発センターで「ポルシェLMP1チーム・ワークショップ」が開催されました。ワークショップ(作業場)でワークショップ(勉強会)の開催です。

2017年まで、ポルシェ919ハイブリッドの組み立てやメンテナンスを行っていたワークショップが会場でした。

2回目の訪問で、当時の様子は『Motor Fan illustrated特別編集 ル・マン/WECのテクノロジー 2015』に掲載しています。

ワークショップには、エンジンカウルが外れた状態の919ハイブリッド2017年最終戦仕様と2013年のテストカー、エンジン単体やピストン、コンロッドなどの部品、ハイブリッドを構成する各コンポーネントなどが展示してありました。各技術領域担当のエンジニアが説明役を務めます。

9月19日が近いので、「わざわざその日に開催日を設定?」の質問に現地広報担当者は、「たまたまだよ。本当はもっと早く開催したかったんだけど、なかなか調整できなくて」とマジレスしてくれました。2017年の撤退発表直後に取材の申し込みをしていたので、念願叶っての渡独です。

ワークショップで取材した濃い内容は、Motor Fan illustratedなどで紹介いたします(ライトバージョンは他媒体でも展開予定。時期が来たらお知らせいたします)。整理に多大な時間を要しますので(言い訳)、掲載までいましばらくお待ちください。

ワークショップは午前中で終了したので(社食でランチをいただきました)、午後はシュトゥットガルトに向かい、ポルシェ・ミュージアムを訪問しました。ちょうどポルシェ・スポーツカーブランドの70周年記念特別展示をしているところでした。

2時間じっくり徘徊。そのときの様子はいずれ当ブログかどこかで紹介することにして、上のフロアにポルシェ919ハイブリッドの2014年仕様が展示してありました。

IMG_5506.jpg
IMG_5518.jpg

背後の説明パネルでは、ポルシェ919ハイブリッドの開発で培った技術をフォーミュラE(2019-2020年のシーズン6から参戦)のパワートレーン開発に生かすと説明しています。

IMG_5516.jpg

ワークショップで説明役を務めてくれたエンジニアの複数が、フォーミュラEの開発に携わっていると(その内容を少し)説明してくれました。

porsche_weissach.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【FE】BMWがフォーミュラE参戦車両を発表 [モータースポーツ]

2018-2019年のシーズン5からフォーミュラEに参戦するBMWは9月14日、参戦車両のBMW iFE.18を発表しました(ドライバーラインアップも含めて)。

BMW_FE_1.jpg

フォーミュラEは全車共通の車両で競技を行うので、形の違いはありません。競合との差別化はカラーリングに頼ることになります。

iFE.18は左右非対称のカラーリングが特徴。フォーミュラEは観客席がコースから近く、他のレースカテゴリーに比べて俯瞰気味(見下ろす格好)で車両を眺めることになります。そのことを意識したカラーリング、とデザイナーは説明しています。いかがでしょう。

BMW_FE_4.jpg

ところで、プライマリースポンサーにMAGNA(マグナ)がついたのもニュースです。自動車メーカーだけでなくサプライヤーも(どちらも欧州系が中心)、フォーミュラEに続々と集結しています。

BMW_FE_2.jpg
BMW_FE_3.jpg

チームが独自開発できるのがパワートレーン(モーター/インバーター/ギヤボックス)に限定されているのはシーズン4までと変わりません。ギヤボックスが独自開発可能なのに付随して、リヤのサスペンションもカスタマイズが可能(プッシュロッドに限定など、制約強めですが)。

下のビジュアルは、BMWの開発領域を示しているのでしょうか。シーズン5からブレーキ・バイ・ワイヤ(協調回生ブレーキ)の使用が認められます。

BMW_FE_5.jpg

発表直後に公開した動画にiFE.18が搭載するモーターやインバーターの様子が映っていますが、どこまで実物を忠実に反映しているでしょうか。インバーターにSiCを採用していることは公表していますが、フォーミュラEではもはや定番ですね。



iFE.18に搭載する電動コンポーネントは、BMWの量産電動車両開発部隊が掛け持ちで開発しています。フォーミュラEで鍛えた技術をダイレクトに量産電動車両(BMW iモデルなど)にフィードバックするのが狙い。

BMW_FE_6.jpg

次の新車発表はジャガーかな?

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

レクサスES、世界初のデジタルアウターミラー採用 [クルマ]

「いよいよ来たか」という気持ちでレクサスのニュースルームに飛びました。「あれ? ミラーあるじゃん」というのが第一印象。

20180912_01_01.jpg

従来のリヤビューミラー形状を残していることに、理由があるのでしょう(前側方の視界を確保するため、偏平にはなっています)。

20180912_01_02.jpg

ミラーを小型カメラに置き換えています。

20180912_01_03.jpg

車両左右後方の映像は、Aピラーの付け根に設置した5インチディスプレイに表示。ウインカー操作やリバース操作と連動し、表示エリアが広がる仕掛け(この写真、ドライバーの上体はどうなってるんだろう……)。

20180912_01_04.jpg
(クリックで拡大)

サイドウィンドウが細かな水滴に覆われてミラーが見にくい状況、ありますね。

20180912_01_06.jpg

夜で雨の状況では大いに助かりそうです。

20180912_01_07.jpg

デジタルアウターミラーの機能をわかりやすくまとめた公式動画↓



使用感、確かめてみたいですね。10月下旬に発売予定の新型レクサスESに採用されます。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ルノー・メガーヌR.S. [クルマ]

ルノー・メガーヌR.S.を箱根ターンパイク〜伊豆スカイライン周辺でちょっとだけ走らせました。

IMG_4877.jpg

レポートはこちら↓
新型ルノー・メガーヌR.S. コンベンショナルな技術を磨き上げたからこそ手に入る動きの素晴らしさ
https://motor-fan.jp/article/10005608

レポートでは4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(4HCC)について触れています。

公式紹介動画はこちら↓


レポートでは触れていませんが、4輪操舵システムの4コントロールを搭載しているのもメガーヌR.S.の特徴。

一時期出てきては消えた感のある4輪操舵システムが復活した背景には、シミュレーション技術が発達し、適合の精度が高まったことが影響しているよう。第一印象としてはおおむね良好ですが、もう少し試してみたい気がします(ので、感想は保留)。

公式紹介動画はこちら↓


フロントのブレンボ製ブレーキキャリパーの写真はレポートに掲載しています。リヤは(ZF傘下の)TRW製。

IMG_4819.jpg

アンテナはロッドタイプ。

IMG_4869.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド・スポーツツーリスモ [クルマ]

都内から鈴鹿サーキットへの往路はポルシェ・パナメーラ4 Eハイブリッド・スポーツツーリスモ。

IMG_4008.jpg

復路はポルシェ・パナメーラ(最もベーシックな仕様)に乗りました。

IMG_4768.jpg

レポートはこちら↓
ポルシェ・パナメーラ・スポーツツーリスモ 選ぶべきはPHEVか素のV6ターボか? 東京〜鈴鹿往復で試す新型パナメーラ。燃費が良かったのは実は……
https://motor-fan.jp/article/10005574

左右のリヤランプをLEDのガーニッシュでつなぐようになって以来、後ろ姿の虜です(とくに夜間)。

IMG_4607.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -
2018年08月|2018年09月 |- ブログトップ