So-net無料ブログ作成

【IMSA】アキュラはARX-05(DPi)とNSX GT3 Evo(GTD)をエントリー [モータースポーツ]

先日はマツダRT24-Pについてお知らせしたので、アキュラ/ホンダの布陣についてもお知らせしておきます。

アキュラはデイトナ24時間(1月26日〜27日)の前哨戦であるRoar Before the 24に、DPiのペンスキー・アキュラARX-05(2台)と、GTD(GT DAYTONA=FIA GT3)のメイヤー・シャンクレーシング・アキュラNSX GT3 Evo(2台)を持ち込みました。

Acura ARX-05 / Roar Before the 24(2019)
RD_ROAR_19_00184.jpg

ARX-05はテスト限定の「カーボンファイバーブラック」カラーで登場。デイタイムランニングライト的なライトのカラーがブルーになっていますね。

2018年シーズン当初はホワイトでしたが、シーズン途中でブルーに変わっています。

Acura ARX-05 / Roar Before the 24(2018)
galstad_DIS_ROAR_0118_279304.jpg

デイトナ24時間でのピットとガレージの位置を決める「予選」では、3番手と7番手でした。

リザルトはこちら↓
http://results.imsa.com

NSX GT3 Evoの57号車(写真)はCaterpiller(キャタピラー)カラー。86号車はLaSalle Solutionsカラー(黒地に青の差し色)です。予選ではトップ(57号車)と3番手でした。

Acura NSX GT3 Evo / Roar Before the 24(2019)
RD_ROAR_19_001109.jpg

併催されるIMSAミシュラン・パイロット・チャレンジでは、4台のホンダ・シビック・タイプR TCRがデイトナデビューを飾りました。アウディRS3 LMS、アルファロメオ・ジュリエッタと競合します。

写真はHARTの車両。HARTはHonda of American Racing Teamの略で、オハイオの製造部門とR&Dで働く従業員、約30名で構成されるボランティアチームです。2018年はアキュラNSX GT3でエントリーしています。

Honda Civic Type R TCR / Roar Before the 24(2019)
DwPFVVcWsAAUUgS.jpg

シビック・タイプR TCRのエンジンはオハイオ・アナ工場で生産。車両はイタリアのJ.A.S.Motorsportで開発・製造され、「いつでもレースできる状態」にし、HPD(Honda Performance Development)を通じて北米で販売されます。

2019_HART_Livery.jpg

アキュラARX-05の車両解説は『Motorsportのテクノロジー 2018 - 2019 [ モーターファンイラストレーテッド 特別編集 ] (モーターファン別冊)』に掲載しています。

誌面はこんな感じ↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-12-29



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車