So-net無料ブログ作成

【F1】ルクレールのトラブルは短絡(ショートサーキット) [F1]

4月5日に発表済みなのでご存じの方も多いと思いますが、F1第2戦バーレーンGPでトップを快走中にシャルル・ルクレール(フェラーリ)を襲ったトラブルの原因は、燃料噴射システムを制御するユニットの短絡(ショートサーキット)でした。

燃料噴射の時期、期間、噴射量などが正常に制御できなくなったのでしょう。エンジンそのものがだめにならなかったのは幸い。

190044-bah.jpg

レース中の無線を聞くと、「温度のためにターン8は4速で走れ」とか、「ハミルトンとのギャップを広げるためにプッシュしろ」とか指示されていますね。「プッシュしろ」に対しては「やってるよ」と答えていますが。

「(ハミルトンとのギャップを)毎周教えてくれ」と言った直後に、「エンジンがおかしい」と報告しています。

「何が起きているんだ!」と一時は混乱しますが、

「落ち着け。なんとかクルマを持ち帰るんだ」の問いかけに、

「わかった。やってみる」と、落ち着きを取り戻します。

「ターゲットラップタイムは1分38秒だ」の指示に、「無理、無理、無理」と激しく抵抗していますが。

終盤は燃料がもたなくなり、「ストレートでビッグリフトオフしろ(アクセルペダルを大きく戻せ)」と言われていたのですね。



フィニッシュの瞬間、大きく息を吐き出しています。無理もありません。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車