So-net無料ブログ作成

BMWのDTM向け新開発2.0L直4直噴ターボエンジン [モータースポーツ]

BMWはクラス1規定に移行する2019年のDTMシーズン向けに開発した、2.0L直4直噴ターボエンジン、BMW P48を公開しました。BMW M4 DTMに搭載します。

このBMW P48を公開するにあたり、BMWは50年前(1969年)のターボエンジン、M121を引き合いに出しています。M121は、ヨーロッパ・ツーリングカー選手権に参戦したBMW 2002 TIに搭載。ディーター・ケスター(Dieter Quester)がタイトルを獲得しています。

BMW_DTM_Engine_1.jpg

BMW P48もM121も、2.0L直4ターボエンジンという点で共通しています。

BMW M121 / Front View
BMW_M121_Front.jpg
(クリックで拡大)

M121の最高出力は280hp/6500rpmでした。過給圧は0.98bar。ターボチャージャーの能力的には1.76barの過給圧を設定することも可能だったそうですが、そんな過給圧かけたらヘッドがぶっ飛んでしまうので、0.98barに抑えていたんだそう。

P48は2.5barの過給圧で600hp以上を発生します。最高回転数は9500rpm。

BMW P48 / Front View
BMW_P48_Front.jpg
(クリックで拡大)

プレナムチャンバーがアルミの鋳物なのが、時代を感じさせます。

BMW M121 /Side View
BMW_M121_Side.jpg
(クリックで拡大)

P48のシリンダーヘッドとブロックは、2009年までのF1エンジンと同様、ランズフート工場で砂型鋳造によって製造されています。

下の写真は左側面です。Butterflyと書いてあるのは、スロットルバルブ。

BMW P48 / Side View
BMW_P48_Side.jpg
(クリックで拡大)

Turbo chargerの引き出し線の先がコンプレッサー。そこからダイレクトにプレナムチャンバーに向かっているのがわかります(つまり、インタークーラーは非採用)。

BMW M121 /Plan View
BMW_M121_Plan.jpg
(クリックで拡大)

P48のプレナムチャンバーはCFRP製です。イグニッションはダイレクト。

BMW P48 / Plan View
BMW_P48_Plan.jpg
(クリックで拡大)

アウディのDTM用エンジンなどとの比較はこちらでご確認ください。

アウディのDTMエンジンとトヨタ/日産(ニスモ)/ホンダのGT500エンジン
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-04-07

エキゾーストマニフォールドは4-1集合(アウディは4-2-1)。

BMW_DTM_Engine_2.jpg

いやぁ、しかし、カッコイイ。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車