So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h2019】ル・マン24時間ミュージアム その3 [モータースポーツ]

展示車両を1台ずつ見ていたのではキリがないので(本当はそうしたかった……)、目についた日本車から。

マツダ787B(1991年)です(説明パネルの表記より。以下同)。

IMG_7075.jpg

こちらはトヨタ94 CV(1994年)。

IMG_7079.jpg

そして、ニッサンGT-R LM Nismo(2015年)。

IMG_7103.jpg

歴代最多勝(19勝)に敬意を表してでしょうか、順路の終わり付近には、ポルシェ専用コーナーがありました。

IMG_7110.jpg
IMG_7127.jpg

ベントレー(6勝)は新旧2台が向かい合わせに並んでいました。こちらは1924年(第2回大会)で最初の勝利を挙げた3リッター・スポーツ。

IMG_7140.jpg

そして、5回目の勝利から73年のインターバルを置いて優勝した、2003年のスピード8。

IMG_7138.jpg

順路の最後は、「ル・マン24時間のウイナーと同じように、表彰台に上がって写真を撮ろう」コーナーです。

背景に2018年の写真。トヨタ8号車のドライバー(F・アロンソ/中嶋一貴/S・ブエミ)が、表彰台の下でガッツポーズを見せています。

壁には歴代ウイナーのリスト。

IMG_7136.jpg

最後に企画展示を見ます。テーマはBMWでした(久々に復帰したと思ったら1年で撤退してしまいましたが……)。

IMG_6958.jpg

BMWの会社の成り立ちから説明しています。写真は328ツーリング(1939年)。

IMG_7152.jpg

1999年ウイナーのV12 LMR。色は照明の加減です(本来は白)。

IMG_7155.jpg

1980年と1986年に出走したM1 PROCAR。

IMG_7159.jpg

企画展は10月6日まで開催。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ル・マン24時間ミュージアム その2 [モータースポーツ]

では、順路にしたがって奥に進んでいきましょう。

展示スペースはル・マンのコースレイアウトを模したような平面になっていることは、前回お伝えしました。順路の出発点は1コーナーあたりに位置。そこからフォードシケインに向かう回廊のようなスペースは照明が落とされ、ル・マン24時間レースにゆかりのある人物を紹介するコーナーになっています。

フェリー・ポルシェやエンツォ・フェラーリ、ヘンリー・フォード2世らが紹介されています。

IMG_6978.jpg

暗い回廊を抜けると、一気に視界が開けます。円形のスペースに歴代参戦車両のミニチュアカーが展示されています。

圧巻です。

IMG_7032.jpg
IMG_7034.jpg

今回のル・マン24時間は、映画『フォードvsフェラーリ』のプロモーションが随所に差し挟まれていたので、つい、フォードとフェラーリが気になってしまいます。

フォードが初めてル・マン24時間に参戦した、1964年の上位3台。フェラーリが独占しています。

IMG_6994.jpg

それから2年後、1966年の上位3台です。フォードが独占。

IMG_7015.jpg

ポルシェカーブを抜け(逆走する格好です)、アルナージュ〜インディアナポリスあたりの展示スペースです。

床に順路が示してあります。

IMG_7042.jpg

展示したあった「フォード」は、1967年バージョンでした。

IMG_7064.jpg

ミュルサンヌを抜けてテルトル・ルージュに向かうストレートでは、展示車両が進路の先を向いています。

いったんクルマを追い抜き、振り返って眺める格好になります。

IMG_7082.jpg

つづく。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ル・マン24時間ミュージアム その1 [モータースポーツ]

いまだにル・マン24時間レースから抜けきっていない(脱稿していない)ので、ル・マンねたを続けます。サーキットのメインエントランスに位置する、ル・マン24時間ミュージアムです。

メディアセンターのあるインフィールド側からアクセスしたので、下の写真は裏口の壁面。

IMG_7162.jpg

そういえば、TOYOTA GAZOO Racingのチーム集合写真も、「裏」から眺めました。

IMG_7174.jpg

1コーナー付近にあるトンネルをくぐってアクセスします。

IMG_7170.jpg

懐かしいロゴが残っています。

IMG_7166.jpg

いろんなロゴや書体が混在していますね。「ようこそ」。

IMG_7163.jpg

さて、見学を始めましょう。

IMG_6956.jpg

展示スペースはル・マン24時間サーキットのような平面プランになっているのですが、順路はサーキットとは逆で左回り。1コーナーからストレートを逆走してフォードシケインに向かう気分です。

IMG_6960.jpg

つづく。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ポルシェ911 RSRの値段 [モータースポーツ]

ル・マンから自発的に持って帰ってきたもののひとつが、ポルシェ・モータースポーツの「MEDIA GUIDE 2019」です。150ページものでなかなかの重量物ですが、各種車両のスペックが充実しているので、迷わず手に取りました。

IMG_8501.jpg

WECやIMSAに参戦するポルシェ911 RSRの項に「2018年からカスタマーチームも入手可能」と題する記述がありました。

こちらはワークス車両の一例。

IMG_6811.jpg

こちらがカスタマーチーム向け車両の一例です。

IMG_6625.jpg

価格は税別で991,000ユーロ。ベース車両が992型911に切り替わったら、車両価格は1000ユーロ上がるのでしょうか。

ちなみに、ポルシェ911 GT3 Rの価格は459,000ユーロ(税別)です。

IMG_7458.jpg

6月22日〜23日に行われたニュルブルクリンク24時間レースの会場では、新型メルセデスAMG GT3が発表になりました。

2019年末からデリバリーが始まるこの車両の税別価格は、399,000ユーロと発表されています。

AMG_GT3.jpg

フロントの開口部がエグイんですが……。

AMG_GT3_2.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】何となくも含めて持ち帰った物 [モータースポーツ]

レース終了後、メディセンターを出てパドックに向かって歩いていると、狭い通路でしゃがみ込んで何かを拾い上げている人がいます。何も考えず釣られて拾い上げるくらい、判断力が弱っておりました(ま、寝ましたけどね)。

これです。

IMG_8292.jpg

表彰式のときに吹き荒れていた紙吹雪ならぬ、金フイルム。

WEC_2018-2019_Rd_431.jpg

こんなもん持って帰ってきてどうするんだという気が、今となっては致しますが、ま、かさばるもんでもないし……。

WEC_2018-2019_Rd_491.jpg

メディアセンターの受付近くのテーブルには、チームやサプライヤーのプレスキットが無造作に積み重なっていました。シャシーコンストラクターのオレカのプレスキットもありました。

そのプレスキットの横に白い箱がうずたかく積んでありました。

IMG_8313.jpg

もらって帰りました。マグカップです。なかなかの重量物。

IMG_8306.jpg

これは必需品で、ル・マン24時間のメディアキットが入ったUSBメモリー(容量4GB)。

IMG_8339.jpg

記念品として安上がりな、ビールを入れるエコカップです。毎年、前年度各カテゴリーの優勝車があしらわれます。

ビールを注文するとデポジットとして1ユーロとられるのですが、要するにカップ代が1ユーロ。ビールを頼まず、カップだけ購入するワザを覚えました(今さらかい)。

こちらは、2018年LMP1クラス優勝(総合優勝)車のトヨタTS050ハイブリッド8号車版。

IMG_8334.jpg

こちらは、2018年LMGTE Proクラス優勝車のポルシェ911 RSR 92号車(ピンクピッグ)版。

IMG_8318.jpg

LMP2をあしらったカルフールのエコバッグは以前のエントリーでお伝えしました。オーシャン(Auchan)にも寄りました。

「LE MANS」の文字が入っているのがポイントでしょうか。

IMG_8349.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】第2シケインの立ち上がりで走りを見る(音を聴く) [モータースポーツ]

勧めてくれる人があり、走行セッションのない日に訪れて「これは!」と感動したこともあって、日曜日の朝、出かけてきました。

第2シケインを立ち上がってすぐ、コースの外側(東側)にあるオーベルジュが観戦場所です。ふだんはD338号線からアクセスするのですが、走行セッション中はレース車両が走っているので、裏からアクセスします。

IMG_8225.jpg

裏幹線道路から脇道にそれます。途中で道は封鎖されており(左手に進むと50mほどでコースに突き当たります)、案内に従って林道を右手に進みます。

15ユーロでオーベルジュの敷地内に入れるよう(メディアだったので免除してくれました)。

IMG_8217.jpg

空いていたのは時間帯のせい(?)なのかどうか、よくわかりません……。

IMG_7985.jpg

コースとはこの距離感です。

IMG_8166.jpg

こんなふうに観戦している人たちがいます。

IMG_8154.jpg

このような絵が撮れます。シケインの立ち上がりのため、各車全開です。ハイブリッドシステムを搭載するトヨタTS050ハイブリッドの場合、エンジンに加えてモーターの300kW(規制値)が加わり、公称1000馬力のフルブースト状態。

エンジン音というか排気音は、周囲の車両に比べてかなり静か。しかし加速は段違いで、全開加速しているLMP2やLMGTEが「止まっている?」と錯覚するほどの速度差で追い抜いていきます。

IMG_8153.jpg

シケイン側から眺めるとこんなふう。

IMG_8174.jpg

木々の間から、ミュルサンヌ方向を眺めます。

IMG_8021.jpg

文句なしの素晴らしいサウンドを奏でていたのは、4.0L水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載するポルシェ911 RSRでした。

ミュルサンヌに向けて4速〜5速〜6速とシフトアップしていくのですが、カァーーーン、ン、カァーーーンと余韻を引きずるように音を発していきます。

その余韻を楽しみたいので、「ポルシェの音が聞こえなくなるまで、次、来ないで」とお願いしたくなります。ま、無理なんですけどね、たくさん走っているから。

IMG_8115.jpg

こういう観戦の仕方が理想かな。

IMG_8211.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】グリッドウォーク〜日暮れ時の散歩 [モータースポーツ]

ル・マン24時間レースのスタートは15時です。13時25分から50分まではグリッドウォークに割り当てられています。

ピットロード出口付近からアクセスするのですが、ものすごい人の数です。

IMG_7754.jpg

燃料電池プロトタイプ車のLMPH2Gが、デモ走行に向けて待機中でした。

IMG_7806.jpg

先頭の2台(トヨタ7号車〜8号車)の周囲でこの様子。奥まで行くのは諦めました(チーム関係者と話し込んで時間切れだったこともあり)。

IMG_7840.jpg

時が経ち……。夕暮れ時の雰囲気が好きなので、外に出てみました。22時頃のヴィレッジ(ストレートエンドのイン側)です。

IMG_7856.jpg

発表になったばかりの高性能版、アルピーヌA110Sが展示してありました。

IMG_7875.jpg

ミシュランのブースには、2018年のル・マン24時間優勝車、トヨタTS050ハイブリッドが展示してありました。

IMG_7887.jpg

優勝車が履いていたタイヤです。紙吹雪が張り付いています。

IMG_7899.jpg

ダンロップブリッジを渡ってコースのアウト側に向かいます。

IMG_7917.jpg

シャペルから、ダンロップカーブ側を望みます。

IMG_7924.jpg

森のエスあたりまで行ってしばらく観戦し、引き返しました。ダンロップブリッジ外側のコンサート会場は大盛り上がりでした。

それにしても、ものすごい人の数!

IMG_7945.jpg

ヴィレッジに戻って、隣接するTOYOTA GAZOO Racingのブースを覗きます。

IMG_7951.jpg

グッズがもらえるとあって(そうでないコーナーもでしたが)、なかなかの行列。23時なのに……。

IMG_7971.jpg

すっかり暗くなりました。

IMG_7982.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ハイパーカー記者会見3連発 [モータースポーツ]

毎年そうなんですが、前日は深夜12時までセッションがあるというのに、翌日は10時からACO/FIAの記者会見が始まります。インターバルが短すぎ(涙)。

記者会見の目玉は、2020年(9月に始まる2020/21年シーズン)に導入されるハイパーカーに関するレギュレーションの発表でした。

IMG_7597.jpg

会場の奥には、フォードGT40が展示。映画「LE MANS 66」の告知の一環です。会見では、ティーザーが公開されました。

IMG_7629.jpg

発表会の資料が入った、ハイパーカー型USBメモリーを受け取りました。

IMG_7727.jpg

かわいい。

IMG_7731.jpg

アストンマーティンの記者会見が11時15分に予定されていました。急いで移動します。ハイパーカーでの参戦をいち早く表明。ベースは、ヴァルキリーです。

IMG_7670.jpg

13時には、トヨタが記者会見を行いました。アストンとトヨタの会見のインターバルが少しあったので、テラスからコース(フォードシケイン方向)を見渡します。

シケインの外側にあるポルシェ・エクスペリエンス・センターが見えます。

IMG_7686.jpg

トヨタも、ハイパーカーでの参戦を(正式に)発表しました。ハイパーカー規定に合致したプロトタイプを開発。その車両をベースに、ロードゴーイングカーを仕立る流れです。

IMG_7700.jpg

テスト風景の映像が公開されました。

IMG_7714.jpg

ハイパーカー規定は間口が広がり、自動車メーカーにとってもプライベーターにとっても、参戦しやすくなりました。次はどのメーカー/プライベーターが参戦を表明するのか。楽しみです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ポルシェ911 RSRのエンジン [モータースポーツ]

今年のル・マンで最大の収穫は、LM GTE Proに参戦するポルシェ911 RSRのエンジンでしょうか。アクセスが制限されているホスピタリティ内に展示してありますが、人通りの多い道路側に向いているので、外からもよく見えます。

「Le Mans winning engine 2018」の文字が誇らしげですね。

IMG_7301.jpg
IMG_5866.jpg

外からはエンジン前面が見えています(上の写真)。許可を得て室内側から撮影しました(「どうぞ、どうぞ」という感じでした)。一部お見せしましょう。

4.0L・水平対向6気筒自然吸気エンジンで、911 RSRはリヤアクスルの前(一般的に言えばミッドシップ)に搭載しています。

下の写真はエンジン後面(左側のエキゾーストマニフォールドは非装着状態)。

IMG_7182.jpg

上面を覗いてみましょう(手前がリヤ側)。量産ユニットのスロットルはシングルですが、911 RSRが積むエンジンは、応答性を重視してマルチ(各気筒に1個)を採用しているのがわかります。

IMG_7201.jpg
(クリックで拡大)

ホスピタリティ内には、エンジンや車体のパーツ(ピストン/コンロッド/ステアリングホイール/ブレーキディスク&パッドなど)を展示する棚があり、こちらも必見ものでした。

IMG_7275.jpg

車載状態では見せられないので、ならば単体で見せましょう、というスタンス。ありがたい限りです。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】ピットレーンを歩いてみる [モータースポーツ]

6月11日の午前中、ピットレーンを歩いてみました。セーフティカー(コースが長いので3ヵ所からコースに出入り)のポルシェ911ターボが、コントロールタワー下で待機中。

IMG_6714.jpg

ファイヤーセーフティ(消火活動を行う車両)です。フォルクスワーゲン・アマロックに混ざって、新規にトヨタ・ハイラックス(TOYOTA GAZOO Racingのカラーリング)が仲間に加わりました。

IMG_6733.jpg

ピットレーン入口に一番近いピット(ピットビルの端に位置)は例年トヨタが占めていたのですが、今年は状況が変わりました。エントリーの増枠(60台→62台)分を確保するため、パドックとピットレーンを結ぶアクセス路に2台分のピットが追加されました。よって、トヨタのピットは端ではなくなりました。

いかにも急ごしらえな風情。

IMG_6747.jpg

トヨタにとってみれば、自分たちのクルマのピットイン時と、隣のピット(ユナイテッド・オートスポーツ)のピットアウト時に、昨年までは必要なかった気を遣うことになります。

「ル・マンではできるだけ面倒は排除したかったので、この場所を選んでいたが、仕方ない。もっと窮屈なピットもあるし」と村田久武TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表。

8号車のレースエンジニアは「何か起きるかどうかは、何かが起きるまでわからない」と、哲学的な説明をしてくれました。

IMG_6750.jpg

ピットレーン出口方面に向かって歩いていくと、ポルシェ911 RSR 92号車(2018年のル・マン24時間クラス優勝車。昨年はピンク・ピッグのカラーリング)がピットストップの練習をしているところでした。

IMG_6798.jpg

前戦スパ・フランコルシャン6時間でマニュファクチャラーズタイトル獲得を決めており、そのマークがピットに掲げてあります。

IMG_6809.jpg

ルーフにも。

IMG_6902.jpg

タイトルを獲得した記念カラーで、いつもは赤いストライプがゴールドになっています(91号車も同様)。

IMG_6196.jpg

ピットレーンの出口まで歩みを進めてコースの向こう側を見ると、「SUZUKA CIRCUIT」のロゴが目に入りました。

IMG_6882.jpg

ル・マン24時間レースを運営するフランス西部自動車クラブ(ACO)と、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドが友好協定を結んでいる関係でしょうか。

IMG_6888.jpg

この位置関係です。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車