So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h2019】第2シケインの立ち上がりで走りを見る(音を聴く) [モータースポーツ]

勧めてくれる人があり、走行セッションのない日に訪れて「これは!」と感動したこともあって、日曜日の朝、出かけてきました。

第2シケインを立ち上がってすぐ、コースの外側(東側)にあるオーベルジュが観戦場所です。ふだんはD338号線からアクセスするのですが、走行セッション中はレース車両が走っているので、裏からアクセスします。

IMG_8225.jpg

裏幹線道路から脇道にそれます。途中で道は封鎖されており(左手に進むと50mほどでコースに突き当たります)、案内に従って林道を右手に進みます。

15ユーロでオーベルジュの敷地内に入れるよう(メディアだったので免除してくれました)。

IMG_8217.jpg

空いていたのは時間帯のせい(?)なのかどうか、よくわかりません……。

IMG_7985.jpg

コースとはこの距離感です。

IMG_8166.jpg

こんなふうに観戦している人たちがいます。

IMG_8154.jpg

このような絵が撮れます。シケインの立ち上がりのため、各車全開です。ハイブリッドシステムを搭載するトヨタTS050ハイブリッドの場合、エンジンに加えてモーターの300kW(規制値)が加わり、公称1000馬力のフルブースト状態。

エンジン音というか排気音は、周囲の車両に比べてかなり静か。しかし加速は段違いで、全開加速しているLMP2やLMGTEが「止まっている?」と錯覚するほどの速度差で追い抜いていきます。

IMG_8153.jpg

シケイン側から眺めるとこんなふう。

IMG_8174.jpg

木々の間から、ミュルサンヌ方向を眺めます。

IMG_8021.jpg

文句なしの素晴らしいサウンドを奏でていたのは、4.0L水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載するポルシェ911 RSRでした。

ミュルサンヌに向けて4速〜5速〜6速とシフトアップしていくのですが、カァーーーン、ン、カァーーーンと余韻を引きずるように音を発していきます。

その余韻を楽しみたいので、「ポルシェの音が聞こえなくなるまで、次、来ないで」とお願いしたくなります。ま、無理なんですけどね、たくさん走っているから。

IMG_8115.jpg

こういう観戦の仕方が理想かな。

IMG_8211.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車