So-net無料ブログ作成

サイドエキゾーストのポルシェ911 RSR モデルイヤー2019 [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)やIMSAの新しいシーズンを戦う、再設計されたポルシェ911 RSRが7月6日に発表されました。

ホワイト基調の新しいワークスカラーをまとっています。WECでLMGTE Proクラスに参戦する91号車は、このカラーリング。92号車はホワイトとグレーが反転。リヤウイングとウイングミラーがブラックになります。

Porsche 911 RSR model year 2019
RSR_2019_1.jpg

リヤスタイルです。モデルイヤー2017との違いがわかりますでしょうか。

Porsche 911 RSR model year 2019
RSR_2019_2.jpg

エキゾースト(テールパイプ)の出口がリヤバンパー中央部から、リヤタイヤ前方(矢印)に移動しています。理由のひとつは「軽量化のため」と、ポルシェは説明しています。

Porsche 911 RSR model year 2019
RSR_2019_3.jpg

モデルイヤー2017では下の写真のようにリヤエンドまで伸びていたので、確かに軽量化につながりそうですね。

Porsche 911 RSR model year 2017
IMG_2033.jpg

サイドエキゾーストにした理由のふたつめは、「ディフューザーを最適化し、ダウンフォースを増やすため」と説明しています。

Porsche 911 RSR model year 2019
RSR_2019_5.jpg

こちらがモデルイヤー2017。リヤバンパーの形状が変わっているのもわかります。

Porsche 911 RSR model year 2017
RSR_2018_1.jpg

変わっているといえば、フロントフードのデザインも変わっています。

Porsche 911 RSR model year 2019
RSR_2019_4.jpg

Porsche 911 RSR model year 2017
RSR_2017_1.jpg

リヤアクスルの前方に搭載する水平対向6気筒エンジンは自然吸気のままですが、4.0L(4000cc)だった排気量は4.2L(4194cc)に増えています。81.5mmのストロークはそのままに、102.0mmだったボアを104.5mmに拡大。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでのお披露目の様子はこちら↓



WEC2018-2019スーパーシーズンのLMGTE Proクラスでタイトルを獲得した、ポルシェ911 RSR モデルイヤー2017の技術解説(8ページ)は、『ル・マン24時間 2019 【特別付録】両面 ポスター (auto sport 特別編集)』で行っています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車