So-net無料ブログ作成

TOYOTA GAZOO Racing TS050ハイブリッド2019-2020年仕様 [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)シーズン8(2019-2020年)を戦うTOYOTA GAZOO Racing TS050ハイブリッドの2019-2020年仕様が発表されました。2016年のTS050ハイブリッドがベースで、3回目のアップデートということになります。

モノコックはキャリーオーバーですが、フロントセクションの変わりようは大きく、ダウンフォースを増やしにいっていることが見てとれます(と同時に、ドラッグ低減にも取り組んでいます)

ノーズは高くなり、カウルが後退して開口部が大きくなっています。空気がガバッと流れそう。

TS050 front_top_2019-20.jpg

今回発表されたのはハイダウンフォース仕様ですので、ハイダウンフォース仕様で新旧を比較していみましょう。2018-2019年仕様のハイダウンフォース仕様が実戦デビューしたのは、2018年8月のシルバーストン戦でした。

高くなったノーズとカウルの後退ぶりがわかるでしょうか。フロントフェンダー後端、カーナンバーの後方がリヤ側に延長されています(矢印)。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050_side_top_2019-20.jpg
(クリックで拡大)

TS050 HYBRID 2018-2019 High Downforce Spec.
TS050_side_top_2018-19.jpg
(クリックで拡大)

それより気になるのは、2017年仕様で追加になった、サイドポンツーンからディフューザー方向に抜けるトンネルが消えていること。

これ(矢印)は何かの冷却用? それとも……。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050 close_up_2019-20.jpg

サイドビューを見てみましょう。サイドミラーがフェンダーと一体になっているのが大きな変化点です(矢印)。ドラッグ低減に効きます。

リヤフェンダーの後端側の処理が変わり、サイドの面は高い位置を維持したままになっています(矢印)。ドラッグ低減のためでしょう。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050_side_2019-20.jpg
(クリックで拡大)

TS050 HYBRID 2018-2019 High Downforce Spec.
TS050_side_2018-19.jpg
(クリックで拡大)

サイドミラーを含めたフロントフェンダーまわりの処理、見物ですね。視界はデジタルリヤビューミラーで補う(むしろそっちがメイン?)考えでしょうか。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050 close_up_2_2019-20.jpg

斜め後ろから見てみましょう。リヤカウルとディフューザーに挟まれた空間の処理が前仕様よりも凝っています。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050_side_rear_2019-20.jpg
(クリックで拡大)

TS050 HYBRID 2018-2019 High Downforce Spec.
TS050_side_rear_2018-19.jpg
(クリックで拡大)

リヤです。リヤフェンダー後端のすぼまり具合が進んでいる(ドラッグを減らす方向)のが、よくわかります(矢印)。

TS050 HYBRID 2019-2020 High Downforce Spec.
TS050 rear_2019-20.jpg
(クリックで拡大)

TS050 HYBRID 2018-2019 High Downforce Spec.
TS050_rear_2018-19.jpg
(クリックで拡大)

WECシーズン8は、9月1日のシルバーストン4時間(6時間ではなく、4時間です)で開幕!

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車