So-net無料ブログ作成

WEC LMP1/LMP2のタイムをF1やF2と比べてみると…… [モータースポーツ]

WECの合同テストがバルセロナ・カタルーニャ・サーキットで行われたので、5月に開催されたF1第5戦スペインGPのデータと比較してみました。

LMP1&LMP2のデータはテスト2日目午後のセッション、F1はレース中のベストタイム、F2はレース1のベストタイムです。

ラップタイム比較
WEC_F1_table_1.jpg

LMP1ハイブリッド(LMP1-H)、TS050ハイブリッドの最低重量は918kg、最大燃料流量は80kg/h。LMP1ノンハイブリッド(LMP1-L)、レベリオン(自然吸気エンジン搭載)の最低重量は824kg、チームLNT(過給エンジン搭載)の最低重量は833kgです。最大燃料流量は過給/非過給問わず115kg/h。

LMP2の最低重量は930kg、最高出力は600ps+αを発生。

F1の最低重量は743kg(ドライバー含む)、最大燃料流量は100kg/h。F2の最低重量は755kg(ドライバー含む)、最高出力は620psです。

F1の段違いの速さが目を引きます。

F1_2019_Rd05_Mercedes.jpg

セクタータイムを見てみましょう。

Map_Barcelona.jpg

TS050ハイブリッドが、テクニカルなセクター3でタイムを稼いでいるのがよく分かります。ノンハイブリッド勢より85〜94kg重たいことを考えると、奮闘ぶりが想像できます。ダウンフォース、メカニカルグリップの両面で、ノンハイブリッド勢に対する重量とエンジンパワーのハンデを跳ね返しているのでしょう。

一方、ストレートが支配的な区間では互角か、分が悪いこともわかります。

セクタータイム/最高速比較
WEC_F1_table_2.jpg

やはり、F1の速さは段違い。44号車は優勝したL・ハミルトンですが、329.1km/hの最高速は全体の15位でした。トップはマクラーレンMCL34(ルノー)の4号車(L・ノリス)で、338.2km/hでした。

データを比較してみると、LMP2はF2よりちょっと速いのがわかります。

TS050_2019_Prologue_Day1.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車