So-net無料ブログ作成

可変バルブタイミングシステムとアイシン「コムセンター」 [クルマ]

『自動車技術の出発点』の取材でアイシン精機にお邪魔したのは7月半ばのことでした。連載8回目(隔号掲載)の記事(6ページ)は『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.155 (モーターファン別冊)』に掲載しています。

アイシン精機における可変バルブタイミングシステム(VVT)開発の「出発点」と、現在までの開発の推移、そして今後の展開についてお話を伺いました。

MFi155_Aisin_1.jpg
MFi155_Aisin_2.jpg
MFi155_Aisin_3.jpg

取材はアイシン精機本社地区(愛知県刈谷市)で行ったのですが、同地区内にある「コムセンター」に「出発点」となったヘリカル式VVTが展示してあると聞き、案内していただきました。何年ぶり何度目かの見学です。

コムセンター(見学自由。8月19日まで臨時休館中。https://www.aisin.co.jp/pickup/com/)には、アイシングループの各種製品が展示してあります。

下の写真は1階のヒストリーゾーン。

IMG_9060.jpg

その一角に、ヘリカル式VVTは展示してありました(手前で大きく写っているのはベーン式VVTですが)。

IMG_9054.jpg

2階には最新の製品が展示してあります。

IMG_9091.jpg

VVTのコーナーがあります。

IMG_9066.jpg

次の予定があって長居できない状況だったのですが、トランスミッションなどいろいろなコーナーが目に入り、順番に見学していきたい衝動に駆られます。

IMG_9073.jpg

ちょっとだけ見てみましょう。こちらはレクサスLC500やLS500が搭載する10速AT。

IMG_9078.jpg

最新ピストンの展示もあります。

IMG_9105.jpg

じっくり見学するなら、半日は確保しておきたいですね。

IMG_9118.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車