So-net無料ブログ作成

F1第6戦モナコGPのレース・ストラテジー・プレビュー [F1]

Formula 1から情報が届いておりますので、お知らせしておきます。土曜日の予選結果をもとにした、レース戦略の予想です。

RSP_2019_06_Mon.jpg
(クリックで拡大)

土曜日の時点では、レース中の降水確率が80%となっています。雨が降って路面がウエットになった途端、上のインフォグラフィックにある戦略は意味をなさなくなります……。

2007年から2018年までの12回のレースでセーフティカーまたはVSC(バーチャル・セーフティカー)が導入されたのは、のべ12回。(1回も導入されなかったレースもあるため)確率にして86%であることを示しています。

上段のグラフが示しているのは、ピットストップ戦略とピットストップのウィンドウ(どのタイミングでタイヤ交換を行うか)です。レッド(ソフト)、イエロー(ミディアム)、グレー(ハード)のラインで記された下のグラフと連携しています。

上位10台が選択したソフトタイヤは、10周から15周の間に性能のピークを迎えることを、グラフは示しています(レースは78周です)。性能が下降線をたどり始める22周までにタイヤ交換を行うべきであることをグラフは示しています。

で、履き替えるなら、周回を重ねるごとに性能が落ちていくミディアムより、性能が上がっていくハードを選択すべきであることをグラフは示しています。

タイヤ・デグラデーション(性能劣化)のグラフで確認しておきましょう。

Info_2019_06_Mon_3.jpg
(クリックで拡大)

ミディアムとハードを対比してみると、1周あたりのペースの違いもわずかなことがわかります。モナコは抜きにくいコースなこともあり、積極的にミディアムを選択する理由が見あたりません。

Info_2019_06_Mon_2.jpg
(クリックで拡大)

雨が降る可能性も考え合わせながら、11番手以下のタイヤ選択に注目してみるとおもしろいでしょう(上位10台のスタートタイヤは、すべてソフトのユーズド)。番狂わせに期待。

モナコは他のコースの85%の距離しか走らない(3.337km×78周=260.286km)こともあり、燃料の消費が少なくて済みます。VSCが1回出た2018年の実績は、82.4kg〜92.7kgでした(2019年はルール上、110kgまで搭載が認められています)。

他のサーキットより軽い状態で走り始められるわけですね。MINとMAXで10kgも消費量が違う点にも注目です。搭載量が10kg違うと運動性能にも大きな違いが生まれますが、抜きにくいコースですので、メリットを享受できるかどうか……。

Info_2019_06_Mon_1.jpg
(クリックで拡大)

過去のデータ(2007年〜2018年)はまた、ポールポジションからスタートしても67%の確率でしか優勝できないことを示しています。同時に、トップ4からスタートしないと優勝できないことも示しています。

今回のトップ4は、L・ハミルトン(メルセデスAMG)、V・ボッタス(メルセデスAMG)、M・フェルスタッペン(レッドブル)、S・ベッテル(フェラーリ)ですね。

さて、どうなることやら。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

F1オランダGP名場面集とオンボード映像 [F1]

オランダGP復活で話題沸騰な感じでしょうか。

DutchGrandPrix1.jpg

F1公式(Formula1.com)はやることが早いですね。YouTubeで名場面集を公開しています。名ドライバー&名車ぞろいです。

Top Five Moments | Dutch Grand Prix



アストンマーティン・レッドブル・レーシングは、ザントフォールト・サーキットでマックス・フェルスタッペンがデモ走行した際のオンボード映像を公開しました。

2012年のレッドブルRB8(2.4L V8自然吸気エンジンを搭載)をドライブしています。

Take a lap of Zandvoort | Jump on board with Max Verstappen around Circuit Zandvoort



緊張感のあるレイアウトですね。コース幅は狭く見えます。

そして、音がいい(オランダGPとは関係ありませんが)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

F1オランダGPが2020年に復活(2002年の写真など) [F1]

2020年にザントフォールト(Zandvoort)で、F1オランダGP(Dutch Grand Prix)が開催されることが発表されました。「少なくとも3年」(2020年〜2022年)の契約で、ハイネケン(Heineken)がタイトルスポンサーになることも発表されています。

最後にザントフォールトでオランダGPが開催されたのは1985年でしたので、35年ぶりの復活というわけです。

2002年にマスターズF3の取材でザントフォールト・サーキットを訪れていました。

020810euroboss_1.JPG

「なんでF1走ってんだ?」と疑問に思ったのですが、ユーロボス(EuroBOSS)というシリーズがあってですね(すっかり忘れておりました)。

いま見ると短いなぁ(というか、いまのF1が異様に長い)。

020810euroboss_2.JPG

CARTも走っていました。

020810euroboss_3.JPG

当時は丘から観戦するスタイルでしたが、F1を開催する頃にはきっと整備されていることでしょう。

020811zandvoort_4.JPG

丘というか、砂丘です。

020811zandvoort_2.JPG

砂の多さに驚いたのを覚えています。

020811zandvoort_1.JPG

実はこんなに海に近い。最新の写真を見ると、ずいぶん緑が増えているようです。

Zandvoort.jpg

砂よりもっと驚いたのは、男性用トイレの開放感。

020811zandvoort_3.JPG

アムステルダムから1時間程度です。

020812ams19.JPG
020812ams06.JPG

手回しのいいことに、もう、公式コース紹介動画があります↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

F2はF1より1年早く2020年から18インチタイヤを採用 [F1]

F1第5戦スペインGPで発表になりました。F1と併催されるFIAフォーミュラ2(F2)もF1と同様、ピレリが供給する13インチタイヤ(サイズは異なります)を装着していますが、2020年シーズンから18インチタイヤに切り替わります。

F2_18_2020.jpg

タイヤ&ホイール単体で見るとこんなふう。

F2_18_2020_2.jpg

現在はこんな感じです(写真は松下信治車/Carlin)。

F2_13_2019.jpg

F1は2021年に技術規則が大幅に変更になりますが、タイヤも変更点のひとつに含まれており、18インチサイズの導入が予定されています。ひとあし早くF2に導入し、(開発テストも含め)そこで得られた知見をF1用18インチタイヤの開発に生かす狙い。

F1の場合、18インチタイヤの走行テストは2014年に行っています(下の写真はロータス)。見た目の印象はずいぶん異なりますが、18インチとフォーミュラの組み合わせは、すでにフォーミュラE(こちらはミシュランが供給)で見慣れている感じでしょうか。

F1_18_car_2014.jpg

13インチ(2014年の仕様なので、現行のサイズとは異なります)と並べてみると、タイヤのハイトの違いが際立ちます。

F1_13_18_2014_1.jpg

タイヤはサスペンションの一部として機能しているので、仕様が大きく変わることで車両設計にも大きな影響を与えそう。荷重がかかってたわんだときの形状も異なるでしょうから、空力への影響も大ですね。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

レッドブルの新しいF1エナジーステーション [F1]

2019年のF1第5戦スペインGPは、5月12日に決勝レースが行われます。ヨーロッパラウンドに突入するのに合わせ、レッドブルは新しいエナジーステーション(チームクルーやゲストのためのホスピタリティ施設)をパドックに持ち込みました。

その名もF1 Holzhaus。ホルツハウスはウッドハウス(木の家)の意味。レッドブルの本拠地であるオーストリア産の木材をふんだんに使っているのが特徴。

F1 Holzhaus 2019~
Holzhaus_2.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

こちらが、2018年までのエナジーステーション。3層構造(1階+2階+屋上)なのは変わりありませんが、床面積は27%増えています(1221m2)。

Red Bull F1 Energy Station ~2018
EnergyStation_2018.jpg
Photo:Getty Images / Red Bull Content Pool

このホルツハウス、2018年のMoto GPオーストリアGP限定の「ワンオフ」で持ち込んだところ大層好評だったそうで、それを受け、F1への採用が決まったそう。

バルセロナ・カタルーニャ・サーキットのパドックに建っている様子。手前はハイネケンのブース。奥にホンダのトランスポーターが見えます。

Holzhaus_7.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

屋上階からパドックを見下ろすとこんなふう。右手がピットビル。

Holzhaus_6.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

向かって左がトロロッソ、右がレッドブルのエリア。ファサードの2階中央に、両チームにパワーユニットを供給するホンダのロゴがあります。室内側から見るとこんなふう。

Holzhaus_1.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

室内、ウッディですね。

F1 Holzhaus 2019~
Holzhaus_3.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

旧エナジーステーションはこんなふうでした。

Red Bull F1 Energy Station ~2018
IMG_3834.jpg
photo:Kota Sera

上階もウッディ、かつ開放感たっぷり。スリットから漏れる照明が格好いいですね。

Holzhaus_8.jpg
Holzhaus_5.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

下の写真は、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのチーム代表の部屋です。内部はミーティングルーム風のつくり。トビラはメタル調(?)です。

Holzhaus_4.jpg
Photo:Andreas Aufschnaiter / Red Bull Content Pool

タイムラプス動画はこちら↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Motor Fan illustrated流(?)2019年F1ガイド [F1]

F1は1000戦目を迎えた第3戦中国GPを終えたばかりですが、『MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.151 (モーターファン別冊)』では、開幕戦オーストラリアGPで取材した記事を掲載しています。

中国GPでは、第1回からF1に関与しているエクソンモービルが、燃料と潤滑油を供給するレッドブルのガレージに「Esso」と「Mobil」のレトロなロゴをあしらっていました。

6._Heritage_Esso_and_Mobil_branding_inside_the_Aston_Martin_Red_Bull_Racing_garage.jpg

さて、MFi Vol.151では、次の3つの項目にわけてF1を取り上げています。

1. 2019年のF1は何が変わったのか(2018年との対比で)

MFi151_F1_1_s.jpg

2. 2019年型マシンの技術トレンド

MFi151_F1_2_s.jpg

3. 山本雅史Honda F1 マネージングディレクター・インタビュー

エンジニアが存分に力を発揮できるよう環境を整える、「Hondaモータースポーツ部」の役割について聞いています。

MFi151_F1_3_s.jpg

MFi151_cover_s.jpg



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【F1】ルクレールのトラブルは短絡(ショートサーキット) [F1]

4月5日に発表済みなのでご存じの方も多いと思いますが、F1第2戦バーレーンGPでトップを快走中にシャルル・ルクレール(フェラーリ)を襲ったトラブルの原因は、燃料噴射システムを制御するユニットの短絡(ショートサーキット)でした。

燃料噴射の時期、期間、噴射量などが正常に制御できなくなったのでしょう。エンジンそのものがだめにならなかったのは幸い。

190044-bah.jpg

レース中の無線を聞くと、「温度のためにターン8は4速で走れ」とか、「ハミルトンとのギャップを広げるためにプッシュしろ」とか指示されていますね。「プッシュしろ」に対しては「やってるよ」と答えていますが。

「(ハミルトンとのギャップを)毎周教えてくれ」と言った直後に、「エンジンがおかしい」と報告しています。

「何が起きているんだ!」と一時は混乱しますが、

「落ち着け。なんとかクルマを持ち帰るんだ」の問いかけに、

「わかった。やってみる」と、落ち着きを取り戻します。

「ターゲットラップタイムは1分38秒だ」の指示に、「無理、無理、無理」と激しく抵抗していますが。

終盤は燃料がもたなくなり、「ストレートでビッグリフトオフしろ(アクセルペダルを大きく戻せ)」と言われていたのですね。



フィニッシュの瞬間、大きく息を吐き出しています。無理もありません。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【2019 F1第1戦】サイドポンツーンがスリムになったメルセデスAMG F1 W10 EQ Power+ [F1]

ピットレーンの出口でスタートの練習をするため、一時停止するメルセデスAMG F1 W10 EQ Power+です。

サイドポンツーンの前半部分に注目してください。

Mercedes-AMG F1 W10 EQ Power+ / 2019
IMG_3672.jpg

2018年のマシンはこんなふう。

Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+ / 2018
IMG_7242.jpg

サイドポンツーンがずいぶんスリムになったのがわかります。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【2019 F1第1戦】ルノーとレーシング・ポイント、ハース、ウイリアムズの通勤車両 [F1]

メルセデス、フェラーリ、レッドブル、マクラーレン、アルファロメオ、トロロッソの通勤車両を紹介したので、残りの4チームもお知らせしておきましょう。

ルノーのドライバー専用駐車スペースにとまっていたのは、メガーヌR.S.とコレオスでした。

IMG_3826.jpg

メルセデスAMGのパワーユニットを搭載するレーシング・ポイントは、メルセデス・ベンツGLE 250dを通勤車両に使用。

IMG_3876.jpg
IMG_3877.jpg

ここまではまあ、わかります。ハース(フェラーリのパワーユニットを搭載)の駐車スペースにとまっていたのは、キア・カーニバルでした。

IMG_3868.jpg

ウイリアムズ(メルセデスAMGのパワーユニットを搭載)の駐車スペースには、BMW X5 30dとメルセデス・ベンツC200がとまっていした。

IMG_3885.jpg
IMG_3890.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【2019 F1第1戦】オートモーティブアベニューを歩いてみる [F1]

F1オーストラリアGPの開催場所となっているアルバートパーク、催しがいっぱいです。今回も、すべてを網羅することはできず、心残りです。

前回はハイネケンビレッジから浮橋〜コースをまたぐブリッジを渡ってキッズコーナーに入ったところまでお伝えしました。

キーズコーナーにはジュラシックワールドがあったり、

IMG_3143.jpg
IMG_3139.jpg

レゴ・レーサーゾーンがあったりします。にぎわっていました。

IMG_3148.jpg

キッズコーナーを抜けたところに、オートモーティブアベニューが広がっています。

IMG_3097.jpg

F1ファンゾーンを中心に展示があった「グランプリ・モーターショー」とは毛色が違います。

F1ファンゾーンを歩いてみる↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-03-14-1

こちらは、フォード・マスタングなどが並んだゾーン。

IMG_3106.jpg

歴代マツダMX-5(ロードスター)がたくさん並んでいます。

IMG_3109.jpg
IMG_3121.jpg

エランをはじめ、いろんなロータス。

IMG_3126.jpg

MGです。

IMG_3133.jpg

公式プログラムの売り子さんが歩いていました。のどかです(木曜日だったこともあり)。

IMG_3129.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車