So-net無料ブログ作成
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | -

BMWのDTM向け新開発2.0L直4直噴ターボエンジン [モータースポーツ]

BMWはクラス1規定に移行する2019年のDTMシーズン向けに開発した、2.0L直4直噴ターボエンジン、BMW P48を公開しました。BMW M4 DTMに搭載します。

このBMW P48を公開するにあたり、BMWは50年前(1969年)のターボエンジン、M121を引き合いに出しています。M121は、ヨーロッパ・ツーリングカー選手権に参戦したBMW 2002 TIに搭載。ディーター・ケスター(Dieter Quester)がタイトルを獲得しています。

BMW_DTM_Engine_1.jpg

BMW P48もM121も、2.0L直4ターボエンジンという点で共通しています。

BMW M121 / Front View
BMW_M121_Front.jpg
(クリックで拡大)

M121の最高出力は280hp/6500rpmでした。過給圧は0.98bar。ターボチャージャーの能力的には1.76barの過給圧を設定することも可能だったそうですが、そんな過給圧かけたらヘッドがぶっ飛んでしまうので、0.98barに抑えていたんだそう。

P48は2.5barの過給圧で600hp以上を発生します。最高回転数は9500rpm。

BMW P48 / Front View
BMW_P48_Front.jpg
(クリックで拡大)

プレナムチャンバーがアルミの鋳物なのが、時代を感じさせます。

BMW M121 /Side View
BMW_M121_Side.jpg
(クリックで拡大)

P48のシリンダーヘッドとブロックは、2009年までのF1エンジンと同様、ランズフート工場で砂型鋳造によって製造されています。

下の写真は左側面です。Butterflyと書いてあるのは、スロットルバルブ。

BMW P48 / Side View
BMW_P48_Side.jpg
(クリックで拡大)

Turbo chargerの引き出し線の先がコンプレッサー。そこからダイレクトにプレナムチャンバーに向かっているのがわかります(つまり、インタークーラーは非採用)。

BMW M121 /Plan View
BMW_M121_Plan.jpg
(クリックで拡大)

P48のプレナムチャンバーはCFRP製です。イグニッションはダイレクト。

BMW P48 / Plan View
BMW_P48_Plan.jpg
(クリックで拡大)

アウディのDTM用エンジンなどとの比較はこちらでご確認ください。

アウディのDTMエンジンとトヨタ/日産(ニスモ)/ホンダのGT500エンジン
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-04-07

エキゾーストマニフォールドは4-1集合(アウディは4-2-1)。

BMW_DTM_Engine_2.jpg

いやぁ、しかし、カッコイイ。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

VW ID. RのDRS(F1と同じ方式) [モータースポーツ]

もはや定例と化しているVW I.D. R情報です。2018年のパイクスピーク(PPIHC)には固定式のリヤウイングで臨みましたが、ニュルブルクリンク北コースのタイムアタックに向けて、DRS(ドラッグ削減システム)を導入したそう。

02_IDR_19_WindkanaL2_-01277.jpg

前からでは見えませんね。実車風洞で試験中の様子。

DRSの導入に合わせて、搭載位置を低くしています。

01_IDR_19_WindkanaL2_-01430.jpg

F1のDRSと同じで、フラップを持ち上げてドラッグを削減するタイプ。

05_IDR_19_WindkanaL2_-01067.jpg

実際の動きは公式動画でご確認ください。



リチウムイオンバッテリーに関する動画も公開中。ポールリカールでテストしています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

連載2年目に突入する『RACING CARエンジニアの流儀』 [モータースポーツ]

MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.151 (モーターファン別冊)』で『RACING CARエンジニアの流儀』の連載を始めたのは、2018年5月発売号でした。2019年4月15日発売号で12回目を迎え、5月15日発売号で連載2年目に突入します。

レーシングカーエンジニア、永嶋勉さんの連載です。

プロフィールはこちら↓

Nagashima_profile.jpg

レーシングカーを設計する立場として、あるいはサーキットでドライバーと協調し、上手に走らせるレースエンジニアの立場として、経験に基づいた実践的な理論を説き、事例を紹介していくのが、この連載のコンセプト。

初回は自己紹介を兼ねて、最近作であるレクサスRC F GT3を題材に、「プロジェクトリーダーにとって重要なこと」を説いています。

LAP 01 / Motor Fan illustrated Vol.140
レクサスRC F GT3の開発と最適妥協解
RCE_01.jpg

LAP 02もプロフィール紹介を兼ねています。日産自動車入社後に任されたS12型シルビアのリヤサスペンション設計について(永嶋さんの担当は4リンクでした)。

LAP 02 / Motor Fan illustrated Vol.141
日産自動車入社と量産車のサスペンション設計
RCE_02.jpg

ニスモに出向してラリーカーの開発に携わったりもするのですが、そこは飛ばし(後のお楽しみ?)、ニッサンR89Cのフロントサスペンションを取り上げます。

ル・マンを終えて国内に戻ってみると「跳ねてどうしようもなく」、調べてみると……

LAP 03 / Motor Fan illustrated Vol.142
ニッサンR89Cのフロントサスペンション
RCE_03.jpg

LAP 04では、上下ウィッシュボーンの長さによって、クルマの動きが大きく変わることを解説しています。

LAP 04 / Motor Fan illustrated Vol.143
上下ウイッシュボーンの長さと瞬間回転中心の関係
RCE_04.jpg

LAP 05はロールセンターの話。ジャッキアップ力/ジャッキダウン力というワードも出てきます。

LAP 05 / Motor Fan illustrated Vol.144
見かけ上のロールセンターと実際のロールセンター
RCE_05.jpg

LAP 06は、タイヤのコーナリングフォースの影響を受ける、車体のロールの話。

LAP 06 / Motor Fan illustrated Vol.145
実際の車体のロールとコーナリングフォースの力学的な影響
RCE_06.jpg

LAP 07では、LAP 03から始めたロールセンターのセオリーについて総括しています。

LAP 07 / Motor Fan illustrated Vol.146
コーナリング中の車体変位の求め方と4輪モデルの考え方
RCE_07.jpg

フロントサスペンションをきっかけにした話は終わり、今度はリヤです。

LAP 08 / Motor Fan illustrated Vol.147
ニッサンR89Cと実物を見て確かめる大切さ
RCE_08.jpg

シャシー系開発エンジニアだった筆者が、R90CPの開発コンセプトとその狙いを説明します。

LAP 09 / Motor Fan illustrated Vol.148
ニッサンR90CPの変更点とその意図
RCE_09.jpg

あのとき、こんなチャレンジングなことしていたんだぁ、というお話。

LAP 10 / Motor Fan illustrated Vol.149
1990年のル・マン24時間で経験したチャレンジと失敗
RCE_10.jpg

国内に戻ってきたらまた問題が……

LAP 11 / Motor Fan illustrated Vol.150
1990年JSPCでの戦いと燃料タンクのベーパー対策
RCE_11.jpg

LAP 11ではドライビングが燃費に影響するという話をしたので、それを受け、LAP 12ではドライビング操作と車両挙動の関係について解説しています。

LAP 12 / Motor Fan illustrated Vol.151
減速・旋回・加速から考える効率のいいドライビング
RCE_12.jpg

LAP 13と14ではタイヤ摩擦円について理論とケーススタディをお届けする予定。その後、デフ/LSDの話をみっちりやります。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

フォーミュラEのモーターはどうなってる?(ZF編) [モータースポーツ]

MOTOR FAN illustrated - モーターファンイラストレーテッド - Vol.151 (モーターファン別冊)』ではF1に加え、フォーミュラEもレポートしています。

ZFがベンチュリーと技術パートナーシップを結んでシーズン3(2016/17年)から参戦しており、彼らの取り組みを例に、電動パワートレーンとダンパーの開発についてまとめています。

1. ZFはなぜフォーミュラEに挑戦するのか

MFi151_FE_1_s.jpg

2. 電動パワートレーンとダンパーの開発プロセス

MFi151_FE_2_s.jpg

3. パワーエレクトロニクスにSiCを採用

MFi151_FE_3_s.jpg

ZFはヴェンチュリーの最新フォーミュラEマシン(Gen2)に搭載する電動パワートレーンの様子を公開しています。

左側の黒っぽい箱がインバーター、中央の円筒は最高出力250kWのモーター、変速機構はなく(シングルギヤ)、右端の円盤状のパーツはファイナルドライブユニット。

Formel-E_ZF-Systems.jpg

第1世代車両(Gen1)の1年目(シーズン1:2014/15年)から、開発が解禁されたシーズン2(2015/16年)以降の電動パワートレーンの様子は、『Motor Fan illustrated特別編集 Motorsportのテクノロジー 2014-2015』以降、『2015-2016』『2016-2017』『2017-2018』『2018-2019』年版で紹介しています。

シーズン1の共通インバーターはこんな感じで、共通バッテリーの上に搭載されていました。

DSCN1240.jpg

共通の5速ギヤボックスはこんなふう。

gearbox.JPG

バッテリーとギヤボックスの間にベルハウジングがあり、その内部に共通モーター(最高出力200kW)が収まっていました。

IMG_4921.jpg

最新版はずいぶんコンパクトにまとまっています。



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

VW I.D. Rのトポロジー最適化 [モータースポーツ]

パイクスピークでのタイムアタック(コースレコードを更新)を終え、ニュルブルクリンク北コースでの記録更新(電気自動車として)にターゲットを変更したVW I.D Rですが、2018年にパイクスピークに挑んだときと同様、情報小出し作戦をとっています。

その情報をいちいち楽しみに待っているのが筆者(前のエントリーでも書きましたが、まんまとVWの術中にはまっています)。

01_2019-03-13-VW-IDR-BK1-0356.jpg

今回はシミュレーションがテーマ。必要な強度・剛性を確保するために、設計段階でシミュレーションを活用しているという話がひとつ。軽さと性能の両立が狙いです。

03_P9960368b.jpg

もうひとつはレースシミュレーション。限られたエネルギーをどうマネジメントすると、効率良く、かつ速く走れるかを追求しています。

05_2019-03-13-VW-IDR-BK5-0294.jpg

動画が公開されていますが、リヤウイングを支えるピラーの設計に、トポロジー最適化を適用した話が出てきます。これが今回の見どころでしょうか。



できあがったピラーから、トポロジー最適化っぽさがちっとも感じられないのは残念……。

TED_2732.jpg

仕上がりもこうじゃないと(空力に影響する部品はダメか……)。

VW_IDR_Topology.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アウディのDTMエンジンとトヨタ/日産(ニスモ)/ホンダのGT500エンジン [モータースポーツ]

アウディは2019年のDTMに投入する新開発の2.0L・直4直噴ターボエンジンを惜しげもなく公開しました。当ブログですでに紹介済みです。

アウディのDTM向け新開発2.0L直4直噴ターボエンジン
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-03-29

アウディRS 5 DTMに搭載されます。

Audi_RS_5_DTM.jpg

フロントグリル〜バンパーの開口部まわりがいかついですね。

【DTM 2019】BMWとアウディのターボエンジン対応フロント開口部
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-01-24

DTMの2.0L・直4直噴ターボエンジンは、日本のSUPER GT GT500クラスとほぼ同一の規定で開発されています(GT500とスーパーフォーミュラもほぼ共通)。

となると、日本勢のエンジンと並べてみたくなりますね。どれも1年目(2014年)のエンジンなので、最新仕様とは異なることをご了承ください。

Audi Turbo Engine for DTM
2019_Audi_DTM_Engine_Right73.jpg

Audi Turbo Engine for DTM / Right
2019_Audi_DTM_Engine_Right.jpg

Audi Turbo Engine for DTM / Left
2019_Audi_DTM_Engine_Left.jpg

Toyota RI4A(for Super Formula)
2014_Toyota_SF_Engine_Left73.jpg

Toyota RI4A / Right
2014_Toyota_SF_Engine_Right.jpg

Toyota RI4A / Left
2014_Toyota_SF_Engine_Left.jpg

Honda HR-414E
2014_Honda_GT500_Engine.jpg

Nissan/Nismo NR20A
2014_NISMO_GT500_Engine.jpg

各社各様です。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

アウディのDTM向け新開発2.0L直4直噴ターボエンジン [モータースポーツ]

5月4日のホッケンハイム戦で開幕するDTMは、 2019年シーズンからエンジンを一新します。2018年シーズンまでは4.0L・V8自然吸気ユニットを搭載していましたが、クラス1規定に移行する2019年シーズンからは、日本のSUPER GT GT500クラスと同じ、2.0L・直4直噴ターボエンジンを搭載します。規定の内容はほぼ同じ。

で、610ps以上を発生。

A193023.jpg

これから実戦に投入するできたてホヤホヤのエンジンを公開してしまうなんて、アウディ、なんと太っ腹なのでしょう。大好きです。

カムプロファイルだって見せてしまいます。

A193003.jpg

こちらは4-2-1レイアウトのエキゾーストマニフォールド。長いですね。遮熱材(ドイツのThermisol社製)は日本でいうところの「独立巻き」です。

A193004.jpg

こちらがエンジン正面。右サイド(向かって左)が排気、左サイドが吸気です。大きな特長があります。お気づきでしょうか。

A193018.jpg

こちらが後面。カムシャフトや補機類を駆動するタイミングギヤが後ろ側に配置されています。そういえば、WECに参戦したR18のV6ディーゼルエンジンも、タイミングギヤはリヤでした。

そして同じく、ウルリッヒ・バレツキー博士が設計に関与。

A193011.jpg

右サイド(排気側)を見ます。ターボチャージャーやウェイストゲートはGT500と同様で、共通部品。

A193008.jpg

左サイド(吸気側)です。「Airbox」と書いてある赤いフタが目立ちます。

A193015.jpg

カムカバーを見下ろします。トップインジェクター(吸気バルブ寄り)ですね。ボッシュ製の高圧燃料ポンプは排気側カムシャフトで駆動。

A193021.jpg

レーシングエンジン、カッコイイですね。

A192996.jpg

あちこち眺めていると、いろいろと聞きたいことが出てきます。

刺激的なサウンドは、こちらで確認できます↓



https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【FE Rd.5香港】詰め替えて使うウォーターパウチ [モータースポーツ]

メディアセンターの席に落ち着いたら、デスクの上にプラスチック製の容器(パウチ)がありました。

IMG_2653.jpg

メディアセンターのレセプションカウンターにも。

IMG_2649.jpg

本来、フォーミュラEに参戦する企業であったり、電動化に関心を寄せる企業や団体のブースが集積したE-Village(イー・ビレッジ)で配布している容器です。

ドイツに本部を置く保険会社のアリアンツ(Allianz)がEビレッジをスポンサードしており、そのアリアンツがシーズン5(2018/19年)に向けた新しい取り組みとして、ウォーターパウチの無料配布を始めました。

アリアンツEビレッジでは、カジュアルなおじさんがウォーターパウチを配布しています。

IMG_2745.jpg

パウチにリフィルする(詰め替える)機械、その名も「ハイドレーション(給水)ステーション」が設置してあります。手持ちの水筒やペットボトルへの補充も可能。

IMG_2764.jpg

「冷えた水」と「スパークリングウォーター」が選択できます。

IMG_2753.jpg

詰め替え可能なウォーターパウチを無料配布することで、シーズン5を通じて100万本のプラスチックボトル(ペットボトル)の使用〜廃棄を削減するのが狙い。

アリアンツによれば、毎日2万7000トンのプラスチックが海に投棄されており、なんら具体的な手を打たなければ、2050年までには投棄されたプラスチックの重量が魚の重量を上回ってしまうと警鐘を鳴らします。

だから、「プラスチックの廃棄物を増やさないよう、使い回ししましょうね」と訴えかけているわけです。

IMG_1129.jpg
(クリックで拡大)

上の写真は決勝レース時。来場者の視線は、大型スクリーンに釘付けでした。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【FE Rd.5香港】ZFのワークショップなど [モータースポーツ]

フォーミュラEシーズン5第5戦が行われる香港に到着したのは8日金曜日の夜でした。翌9日はホテルのコンファレンスルームに終日こもり、ヴェンチュリー・フォーミュラEチームと技術提携を結ぶZFのワークショップに参加しました。

ZFはヴェンチュリー・フォーミュラEチームに対し、パワートレーン(モーター/インバーター/ギヤボックス)とダンパーを供給しています(ヴェンチュリーからHWAに対し、パワートレーンをカスタマー供給)。

IMG_2492.jpg

ZFがヴェンチュリーに供給している技術の内容は近々、『Motor Fan illustrated』誌等でレポートします。

ワークショップにはヴェンチュリー・フォーミュラEチームに所属するフェリペ・マッサとエドワルド・モルタラも駆けつけました。

なぜか同じポーズ。

IMG_2447.jpg

夜はフェリーに乗って九龍まで移動。

IMG_1085.jpg

嵐のような荒れた天気です(滞在中ずっと)。

IMG_1088.jpg

九龍側。横浜のクイーンの塔(横浜税関)を彷彿とさせる眺め、と思ってしましました。

IMG_2534.jpg

店名に「北京」の名がついたレストランで食事をします。となりに、上海の拠点で働くZFの中国人エンジニアが座りました。

注文はお任せ。さすが、地元(はメインランドですが)出身者ならではのチョイスで、初めて味わう料理ばかりでした(写真はおなじみ北京ダックですが)。

IMG_2548.jpg

沿岸に立ち並ぶビルのイルミネーションが一斉に明滅するのに合わせ、20時になると突然店内が暗くなります。

アルコール度数52度の透明な蒸留酒をしこたま飲まされます。あんなに温和だった中国人エンジニアが「オレが杯を空けるのにオマエは飲まない気?」という態度でにらみつけてきます(涙)。

IMG_2544.jpg

宿泊先、そしてフォーミュラE開催コースのある香港島に戻ります。

右側に見える赤い観覧車のあたりがコースです。

IMG_2554.jpg

翌朝は4時半に起きて原稿を書きました(涙)。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ポルシェのフォーミュラEがロールアウト [モータースポーツ]

シーズン6(2019/20年)からフォーミュラEに参戦するポルシェは3月6日、ヴァイザッハ研究開発センターにあるテストトラックで、開発車両のロールアウトを行いました。ステアリングを握ったのは、ワークスドライバーのニール・ジャニです。

Porsche Formula E Car
M19_0422_fine.jpg

新開発したパワートレーン(モーター/インバーター/ギヤボックス)は大過なく走行を終えたそう。パワートレーンの中身、気になります。

ロールアウトの様子はこちら↓



2013年はル・マン24時間復帰に向けてLMP1のテストカーがヴァイザッハを走っていました。

Porsche LMP1 Test Car / 2013
porsche_lmp1_front2.jpg

まさか6年後にフォーミュラEが同じ場所を走っているなんて……。時の移り変わりを感じます。

Porsche Formula E Car / 2019
M19_0431_fine.jpg

ポルシェと同じく、シーズン6からフォーミュラEに参戦するメルセデス・ベンツは、ジュネーブ・モーターショーで参戦車両を公開しました(3月5日)。

Mercedes-Benz EQ Silver Arrow 01
D590604.jpg

カラーリングは、F1マシンのMercedes-AMG EQ Power+と意図的にイメージを共有しています。フォーミュラEのカタチは全車一緒なので、カラーリングで他社と差別化を図るしかありません。

ポルシェはやっぱり、おなじみのワークスカラーで登場でしょうか。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - モータースポーツ ブログトップ