So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | -

【FEテスト】フロントフラップの角度と製造元など [モータースポーツ]

フォーミュラEのシーズン5(2018/19年)から投入される第2世代のGen2シャシーは、いわゆるリヤウイングを備えていません。ダウンフォースは巨大なディフューザーを備えたフロアで発生させるコンセプト。

リヤカウルの両サイドには、タイヤを覆うように空力デバイスっぽいものが設けられています(矢印)。

IMG_8243.jpg

このデバイスは固定で、角度の調整はできません。

IMG_7927.jpg

フロントは、フェンダーの前半と一体化したウイングに小ぶりなフラップが設けられています(矢印)。

IMG_7895.jpg

フロントのフラップは15度と20度の2種類の角度が用意されています。フラップごと交換するタイプ。

IMG_7953.jpg

フラップに貼ってあるステッカーから、KCMG製であることがわかります。

IMG_7959.jpg

フロントセクション自体はダラーラ製。モノコックもダラーラ製です。

IMG_8347.jpg

フロントフェンダー後部と一体化したアンダーフロア(左右2分割)は、オンローク・オートモーティブと同じグループに属するHPコンポジッツ製。

IMG_7875.jpg
IMG_7867.jpg

すべてCFRP。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【FEテスト】変わったところと変わらないところ [モータースポーツ]

バレンシアでのプレシーズンテスト2日目はレースシミュレーションが行われました。ぶつけるクルマが複数台あったのは、真剣に臨んだがゆえでしょうか。

IMG_8256.jpg

車両が第2世代のGen2になってもミシュラン製タイヤなのは相変わらずですし、タイヤサイズも変わっていないようですが、サイドウォールはだいぶカラフルになりました。

IMG_8304.jpg

RFID(Radio Frequency Identification Device)チップを利用して、ライフを通じた使われ方のデータを収集・管理しています。

IMG_7708.jpg

ハロ(頭部保護装置)はGen2からの採用。下の写真は無垢(チタン合金製)の状態。

IMG_8116.jpg

レースではコースの一部区間がハイパワーモードのアクティベーションゾーンに指定され、ここではプラス25kWの225kWの出力で走らせることができます(使用時間に制限あり)。

レースモードとハイパワーモードのどちらで走っているのか、見ている側が簡単に識別できるよう、ハロに設けたLEDの点灯色で区別する予定。

ハロにLEDが並んだ仕様はこちら。

IMG_8119.jpg

近寄ってみるとこんなふう。

IMG_8286.jpg

バッテリーに充電する電気エネルギーを現地で発電(バイオ燃料を使用)して調達する仕組みに変わりはありません。パドックには、臨時電源レンタル業のアグレコが持ち込んだ発電装置が並んでいます。

IMG_8137.jpg

出走11チームなどに配電。

IMG_7505.jpg

バッテリーはウイリアムズ・アドバンスト・エンジニアリング製からマクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製(どちらも社名が長い)に変わりましたが、温度管理がシビアな点では変わりがないようで、ドライアイスを使った冷却装置は相変わらずの大活躍でした。

IMG_7737.jpg

パドックにはドライアイスが100kg単位で詰まった箱が並んでいます。青いテープにリンデ(Linde)の文字。

IMG_8173.jpg

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

フォーミュラE 2018/19 プレシーズン・テスティング [モータースポーツ]

フォーミュラEのシーズン5(2018/19年)が12月のディルイーヤ(サウジアラビア)戦で開幕しますが、その開幕に向けた公式テストが10月16日〜19日の間、通称バレンシア・サーキット(Circuit Ricardo Tormo/スペイン)で行われます。

まだ夏時間なので日の出は8時過ぎ(日没は19時過ぎ)。8時半頃サーキットに着きました。

IMG_7482.jpg

こんな感じのレイアウトです。

IMG_7488.jpg
(クリックで拡大)

丘の斜面にコースがレイアウトされているので、ピットビルディング(の一角にメディアセンター)からコースのほぼ全体が見渡せます。

IMG_7858.jpg

全長は4.005km。ストレートの終盤にシケインを設けていました。

IMG_7674.jpg

Gen2と呼ぶ第2世代のマシンに切り替わりました。バッテリーの使用可能エネルギー量が54kWhに増えて(Gen1は28kWh)、レース中の乗り換えがなくなります。

IMG_7993.jpg

シーズン5から参戦するNISSANのピットです。

IMG_7603.jpg

チーム運営はシーズン4までのルノー時代と同じe.dams(日本人スタッフの姿はありませんでした)。

IMG_7747.jpg

HWA(シーズン6から参戦するメルセデスAMGのサテライトチーム。電動パワートレーンはヴェンチュリーが供給)入りを発表したばかりのストフェル・バンドーンの姿がありました。「9月に(メルセデスAMGの)トト・ウルフから連絡をもらった。断る理由ある?」とコメントしていました。

IMG_7530.jpg

高電圧を扱うF1も同じでしょうが、万が一の感電を防ぐため、コクピットから飛び降りる練習をしていました。

IMG_7809.jpg

「覚えることがたくさんある」とコメントしたフェリペ・マッサは、ヴェンチュリー(電動パワートレーンはZFが開発)からフォーミュラEにデビュー。

IMG_7596.jpg

ボッシュやハイネケンがフォーミュラEの公式パートナーとなることが発表されるし、ドライバーの顔ぶれはどんどん豪華になるしで、勢いを感じますね。取材陣の数もなかなかです。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【WEC富士6時間2018】立っている者はウイリアムズの白幡さんでも使え [モータースポーツ]

土曜日のことです。ウイリアムズ・レーシングに所属する白幡勝広さんがメディアセンターに激励に来てくれました。

「ちょっとコレ持ってもらえますか?」と『ル・マン/WECのテクノロジー 2018 (モーターファン別冊)』を差し出し、ワケもわからず(?)受け取ったところを撮影したのがこの写真です。

IMG_0356.jpg

笑顔です。いい人ですね。お持ち帰りいただきました。

「勉強します!」と言ってくれました。

本当にいい人です。

宣伝です。

LMP1ハイブリッドとノンハイブリッドの違いや歴代トヨタLMP1カー、LMP1ノンハイブリッド車両、最新LMGTE車両(アストン・マーティン・ヴァンテージAMR、BMW M8 GTE)などについて、技術面を中心にまとめています。



http://www.facebook.com/serakota

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【WEC富士6時間2018】修正版EoTと26kgのバラストはどこに積んでいる? [モータースポーツ]

なんと、予選日になって修正版EoT(技術均衡調整)が適用されることになりました。金曜日のフリー走行を行ってみたところ、EoTが不十分であることが判明。LMP1ハイブリッド(つまりトヨタ)とLMP1ノンハイブリッド勢のパフォーマンスの差を縮めるべく、ノンハイブリッド勢を優遇する調整を行ったというわけです。

IMG_0344.jpg

第3戦シルバーストン(全長5.901km)6時間時点でのEoTはこちら。

2018-2019 Super Season EoT Rd.3 Silverstone 6 Hours
2018-19_EoT_3.jpg

第4戦富士6時間(全長4.563km)の修正版EoTはこちら。

2018-2019 Super Season amended EoT Rd.4 Fuji 6 Hours
2018-19_EoT_4.jpg

第2戦ル・マン24時間から第3戦シルバーストン6時間にかけての修正点はこちらをご覧ください↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-07-20

LMP1ノンハイブリッドの自然吸気エンジン搭載車(リベリオン/ドラゴンスピード)に対しては、1周あたりエネルギー量を1.5MJ増量、ターボエンジン車(バイコレス/SMP)に対しては1.4MJ増量する修正が施されました。

それでも予選の最速ラップタイムはトヨタTS050ハイブリッドが記録していますし、平均ラップタイムでもトヨタに分があります。ま、トヨタとノンハイブリッド勢のパフォーマンスが逆転するようでは興ざめもはなはだしいわけですが……。

maxspeed_wec_2018_fuji.jpg

2017年は連日ウエットだったので、ドライだった2016年(LMP1ハイブリッドの最大燃料流量は80.6kg/h)の記録を引っ張り出しています。

最高速が23km/hも落ちていますが、2018年の場合は計測地点ですでにリフト&コースト状態に入っているから。ラップタイムは2016年とほとんど変わっていません。LMP1ノンハイブリッド勢とのキャラクターの違いでいうと、セクター1はノンハイブリッド勢に分があり、セクター2は同等、セクター3はトヨタが優勢という状況のよう(村田久武TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表談)。

IMG_7074.jpg

ところで、富士6時間から搭載が義務づけられた26kgのバラストですが、26kgのかたまりをドンと載せているわけではありあせん。大部分の重量は重心点に近い燃料タンク下に積んでいますが、重量(バラスト)の一部をフロントあるいはリヤに振り分けて搭載し、前後重量配分の適正化を図っています。

フリー走行ではフロントに振ったりリヤに振ったりして最適点を探す作業を行ったそう。26kgの重量増はハンデには違いありませんが、少しでも車体やドライバーの負担を軽くするよう努力しています。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』を主人公に手渡す [モータースポーツ]

トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』をようやく、この本の主人公に手渡すことができました。

IMG_7289.jpg

「買って読んだよ」と、TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表の村田久武さん(刷り上がり後すぐTMGに送っているハズなのですが……。スミマセン)。「あの頃あんなふうに言っていたのかと、いろいろ思い返すことが多い」とおっしゃっていました。

それから……。WEC富士6時間開催中の富士スピードウェイでは、『トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』を手に、「これにサインしてください」と村田さんに近寄ってくるファンの方が「結構いる」とのこと。著者としては大変ありがたい限りです。この場を借りて御礼申し上げます。

そして……。「自分で売って歩かないとだめじゃないか。まだ持っていない人がたくさんいるんだから」とカイゼンを指示されました(尻こそ蹴られませんでしたが)。

というわけで、宣伝でした。



http://www.facebook.com/serakota



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

『TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡』発売 [モータースポーツ]

「WEC富士6時間」開催中の富士スピードウェイで現物を受け取ったので、メディアセンターの机の上で撮りました。

IMG_7230.jpg

TOYOTA × Le MANS 24h トヨタ ル・マン挑戦の軌跡 【特別付録】両面 ポスター 歴代参戦マシンイラスト& TS050 HYBRID (auto sport 特別編集)』は10月11日発売です。

ル・マン24時間レース優勝までの軌跡(1985年の初参戦から)を、ル・マン後に取材した内容を中心にまとめています。

自分が担当したページの一部を紹介しておくと、まずはレーシングハイブリッド開発のプロジェクトリーダーを務め、チームを優勝まで導いた村田さん(現TMG社長兼TOYOTA Gazoo Racing WECチーム代表)。

IMG_7234.jpg

「リーダー」村田久武がどのように形成されたのか、ル・マン後に行った聞き取りをもとにまとめています(全8ページ)。

トヨタ ル・マン24時間レース制覇までの4551日』に追補するイメージでまとめました。合わせてお読みいただければ幸いです。

IMG_7236.jpg

エンジン、空力、ハイブリッド、制御の各技術領域の開発に携わるエンジニアに、開発の「実際」について説明していただきました。相当なプレッシャーのなかで、成果に結びつけたことを感じ取っていただけると思います(全10ページ)。

IMG_7241.jpg
IMG_7242.jpg
IMG_7244.jpg
IMG_7245.jpg

保存版としてぜひ。





http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【WEC富士6時間2018】トヨタTS050ハイブリッドの最低重量は26kg増の904kg [モータースポーツ]

WEC(FIA世界耐久選手権)2018-2019スーパーシーズン第2戦ル・マン24時間の結果を受け、第3戦シルバーストン6時間(8月19日決勝)を前に、LMP1ハイブリッド(トヨタTS050ハイブリッド)とLMP1ノンハイブリッドの改訂版EoT(技術均衡調整)が発表され、適用されました。

7月に報告しています↓
ノンハイブリッドにテコ入れしたEoT見直し(表組あり)
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-07-20

ノンハイブリッド勢に対してずいぶん優遇したのに、第3戦シルバーストン6時間はハイブリッドのトヨタが圧勝しました。ワークスとプライベーターの技術力の差が改めて浮き彫りになった格好です。

前回の策が不十分だったので、さらなる均衡化を図るべく、第4戦富士6時間(10月14日決勝)では新たなEoTが導入されることになりました(トヨタの同意によって)。

WEC_6Hours_Fuji_2018.jpg
(クリックで拡大)

LMP1ハイブリッド(くどいようですが、すなわちトヨタTS050ハイブリッド)の最低重量は26kg増やされて904kgになります。

LMP1ハイブリッド(トヨタ):904kg(+26kg)
LMP1ノンハイブリッド/ターボ(バイコレス/SMP):833kg
LMP1ノンハイブリッド/自然吸気(リベリオン/ドラゴンスピード):818kg

また、シルバーストン戦ではトヨタの方がノンハイブリッド勢よりも長いスティントで走っていたので、これを補正する1周あたり燃料使用量割り当て(ノンハイブリッド勢の割り当てを増量)が導入されます。給油時間を補正するため、給油リグのリストリクター径は大きくする方向。

技術力の差がありすぎて、均衡策も大変ですね(と皮肉を込めて)。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ポルシェミュージアム】ポルシェ917/20「ピンク・ピッグ」 [モータースポーツ]

ル・マン24時間での活躍(LMGTE Proクラス優勝)によって人気が再燃したのではないでしょうか。「ピンク・ピッグ」の愛称を持つポルシェ917/20(1971年)です。

愛称負けしておりません。相変わらずの迫力です。

IMG_5336.jpg

オリジナルと、2018年のル・マン24時間に出場したポルシェ911 RSR 92号車との近似性を確認してみましょう。

Porsche 917/20 Pink Pig_1971
IMG_5333.jpg

Porsche 919 RSR Pink Pig_2018
IMG_1861.jpg

サイドビューも見てみましょう。

Porsche 917/20 Pink Pig_1971
IMG_5330.jpg

Porsche 919 RSR Pink Pig_2018
IMG_1879.jpg

いかがでしょうか。

ミュージアムには、由来を説明するコーナーもありました。

IMG_5396.jpg

当ブログの関連エントリーはこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2018-06-05

しかしエンジンが見えると、グッときますね。911 RSRもぜひ。

IMG_5382.jpg

ちなみに、ル・マン24時間サーキットのオフィシャルショップで売っていたミニチュアカー(43分の1)やTシャツは、ミュージアムショップでは見あたりませんでした。

http://www.facebook.com/serakota

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

77台限定のモービィ・ディックなポルシェ935 [モータースポーツ]

6月のル・マン24時間に登場した(そしてクラス優勝を果たした)ポルシェ911 RSRは「ピンク・ピッグ」(1971年の917/20)をモチーフにしたカラーリングでした。

9月27日にカリフォルニア州ラグナセカ・レースウェイで行われた、ポルシェのヒストリックカーが一堂に会するイベント「レンシュポルト・リユニオン」で発表されたのは、ル・マン出場車両でもあるポルシェ935の現代版です。1978年のポルシェ935/78、通称「モービィ・ディック」がモチーフ。

M18_5096_fine.jpg

カラーリングだけではなく、カタチも再現しています。ベースは911 GT2 RS。77台限定で(公道走行は不可)、価格は701,948ユーロから。

下の写真は10日前にポルシェミュージアムで撮影した、オリジナルのポルシェ935/78です。現代版の登場を暗に予告していたのでしょうか。

IMG_5410.jpg

館内では次のように音声ガイドしています。

メルヴィルの小説『白鯨』。白い鯨に登場するモービィ・ディック。雄大で威厳にあふれ畏敬の念を抱かせる怪物。この白い鯨が、非常に幅広で平坦なボディと尾びれのように見える特異なリヤスポイラーのこのクーペの名付け親になっているのは偶然ではありません。

このクルマは935シリーズ開発の最終段階に製作されました。ポルシェのエンジニア、ノルベルト・ジンガーは、デザインと空気力学の応用技術を最大限に活用し、6気筒エンジンの出力を脅威の845馬力にまで向上させました。

この成果についてドイツ人ドライバーのロルフ・シュトメレンはこう語っています。

「こいつはこれまで私が運転したクルマのなかでも一番の荒くれ者だ」

別のテストドライバーも、このクルマのニックネームを正当化する評価を下しています。

「運転後、ドライバーは足を引きずって歩く羽目になります。めっきり歳をとったように感じて、(『白鯨』の主人公である)エイハブ船長になった気分を味わえます。そしてモービィ・ディックを屈服させることはできない、と思い知らされるんです」

サイドビューを見てみましょう。なかなかいい雰囲気を出しています。

Porsche 935(2018)
M18_5098_fine.jpg

Porsche 935/78(1978)
IMG_5411.jpg

白い鯨の「尾びれ」を見てみましょう。

IMG_5408.jpg

現代版のモービィ・ディックは、ポルシェのいろんなモデルのモチーフを随所に取り入れています。例えば、リヤウイング翼端板に仕込まれたLEDライトは、919ハイブリッドからの引用。L字型をしたサイドミラーのステー形状は911 RSR、チタン製テールパイプは1968年の908からの引用だそう。

M18_5102_fine.jpg

インテリアにも引用があって、シフトノブは(写真では隠れて見えませんが)917や909ベルグスパイダー、カレラGTなどと同様、ラミネートされたウッドとなっています。一方、カーボンのステアリングとカラーディスプレイは、911 GT3 Rの2019モデルが搭載する仕様を先取りしています。

M18_5104_fine.jpg

主要スペックはこちら。

M18_5127_fine.jpg
(クリックで拡大)

公式紹介動画はこちら↓



http://www.facebook.com/serakota

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - モータースポーツ ブログトップ