So-net無料ブログ作成

【ル・マン24h2019】トヨタのル・マン優勝マーク [モータースポーツ]

時系列でのまとめ、諦めました。これからはトピックごとにお伝えいたします。

下の写真は公開車検1日目(6月9日)の様子。この時点では、いつもの場所にトヨタのトランスポーターが止まっているなぁ、くらいにしか思いませんでした。

IMG_6282.jpg

車検が終わって車両の積み込みが終わり、トランスポーターがサーキットに向かって立ち去ろうとする段になって、「あれっ?」となりました。

IMG_6351.jpg

2018年のル・マン24時間レースで総合優勝を果たしたことを示すマークが追加されているのに気づきました。

IMG_6346.jpg

翌日、サーキットに行ってガレージの裏にあるモーターホーム(エンジニアの詰め所的な機能を果たしています)を確認すると……。

IMG_6477.jpg

やはり、優勝マークが追加されていました。

IMG_6482.jpg

ガレージの奥にも。

IMG_6754.jpg

村田久武TOYOA GAZOO Racing WECチーム代表は、「1個だけじゃ格好がつかない。2つ、3つ、4つと増やしていかないと」と話していました。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】6月9日・ショーウィンドウ編 [モータースポーツ]

6月12日になったというのにまだ9日の報告で、時系列での日記的なまとめは失敗だったかと思い始めております。路線変更しようかな、どうしようかな……。

ともかく、公開車検1日目のつづきです。いつものように、公開車検が行われているレピュブリック広場の周辺(といっても路地2〜3本)を散策してみました。

広場に面したカフェです。こういうカフェでのんびり過ごしたいといつも思うのですが、せわしなく歩き回ってしまいます(結局、1万歩超え)。

IMG_6435.jpg

レピュブリック広場周辺にあるお店のショーウィンドウを覗くのも楽しみのひとつです。

めがね屋さんのショーウィンドウ。

IMG_6408.jpg

お店の外観はこんなふう。

IMG_6428.jpg

洋服屋さんです。

IMG_6404.jpg

こちらはグッズショップで、ル・マン24時間の公式グッズが並んでいます。このキャリーバッグ、大人が持ち歩いたらおかしいでしょうか。

IMG_6406.jpg

食料品屋さん。

IMG_6431.jpg

本屋さん。

IMG_6452.jpg

ショーウィンドウにへばりついて、「あれ? これ何屋?」と思って少し離れ、お店を見上げたら……。

IMG_6457.jpg

肉屋さんでした。

IMG_6459.jpg

街角では、11日にジャコバン広場で行われる、水素の乗り物のシンポジウムを告知していました。大いに興味が湧きましたが、サーキットから離れるわけにはいかず断念(涙)。

IMG_6456.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】6月9日編(メディアセンター〜公開車検1日目) [モータースポーツ]

メディアセンターへのアクセスが変更になっていることは、前回のエントリーでお伝えしました。専用ゲートをくぐりぬけると、狭い通路が続いています。

両側が目隠しされています。必要なのか? それよりこれ、公式プログラムが始まったら混雑して大変なんじゃないかと予想。

IMG_5838.jpg

メディアセンターはピットビルの3階にあります(フランス流に表現すると2階)。

IMG_5839.jpg

3階に上がって下を覗いたら、ピットレーンへのアクセスが、出場枠を2台分増枠(60台→62台)したために追加された臨時のピットでふさがれている様子が見えました(ユナイテッド・オートスポーツが使用)。

IMG_5851.jpg

端から端までやけに長いメディアセンターです。サーキットでのイベントは始まっていないので、まだ閑散としています。

IMG_5845.jpg

どことなく古風な飾り付け。

IMG_5847.jpg

ピット割など、各種情報が張ってあります。いつもの光景です。

IMG_5848.jpg

さて、席が確保できたので、公開車検場に移動します。しかし、メディアセンターから駐車場(矢印の位置)までが遠い(涙)。

IMG_6486.jpg

サーキットから7〜8kmでしょうか。ル・マン市内中心地にあるレピュブリック広場で公開車検が行われます。開始(14時から)30分前頃の様子。

IMG_5891.jpg
IMG_5896.jpg

北米チームの93号車と94号車のポルシェ911 RSR(LMGTE Pro)は、Brumos(ブルモス)のヘリテージカラーで登場。

1月のデイトナ24時間でお披露目済みで、詳細はこちら↓
https://serakota.blog.so-net.ne.jp/2019-01-27

IMG_5965.jpg

トヨタTS050ハイブリッドも1日目に登場。

IMG_5911.jpg

車検場に設けられているステージでは、車検を受ける車両のドライバーが順に登場し、進行役と言葉のやり取りをします。トヨタのドライバーが登場した際は、優勝ドライバーの手形が入った記念プレートが紹介されました。

下の写真は、ステージでの紹介が終わり、裏から搬出されるところ。2018年の優勝ドライバーである、ブエミ、アロンソ、中嶋の手形が入っています。

IMG_6441.jpg

路面に埋め込まれ、年月が経つと、このような風合いになることでしょう。

IMG_6433.jpg

そのプレートがたくさん埋め込まれていた広場(レピュブリック広場とジャコバン広場の間に位置)に行ってみると、プレートは撤去されていました。改修するのでしょうか。

IMG_6397.jpg

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【ル・マン24h2019】6月8日〜9日編(滞在1日目〜2日目の途中) [モータースポーツ]

今年のル・マンは時系列に沿った日記調でいきます(途中で気が変わるかもしれませんが)。

6月8日土曜日の夕方にシャルル・ド・ゴール空港のターミナル1に着きました。レンタカーはルノー・クリオのディーゼル。6年前のル・マン取材時に同じ仕様を借りていました。4年前にオペル・コルサを借りたときと同じ場所に止まっていました(過去エントリーを振り返ってみて判明)。

IMG_1455.jpg

約230km離れたル・マンに向かいます。途中、1回だけピットストップ。ル・マン到着後も含め、300km弱走った段階での燃費は5.5L/100km(約18.2km/L)。

相変わらず、気持ちのいいクルマです。

IMG_5798.jpg

風邪ぎみなこともあって体調がすぐれない(継続中)なこともあり、22時頃にホテルに着き、荷解をしてバタンキュー(死語?)でした。

6月9日日曜日になりました。公開車検1日目です。7時に起きて朝ご飯を食べます。たぶん、この先10日間同じメニュー。

IMG_1501.jpg

公開車検が行われるレピュブリック広場に向かう前に、サーキットに行って取材パスを受け取り、メディアセンターで席を確保するのがいつもの行動。

その前に、日曜日の午前中だけ空いているスーパーマーケットに寄ります(通常、日曜日は休業)。サーキットの近くにあります。

IMG_5804.jpg

滞在日数分の水を買います。本当はビールも買い込みたいところですが、ホテルに冷蔵庫がないので諦めます。

プロトタイプ(LMP2のリジェJSP217がモデル?)が描かれたエコバッグ(1.1ユーロ)を一緒に買い、買ったものを詰め込みます。

IMG_5835.jpg

取材パスはテルトル・ルージュの先、ユノディエールを少し走ると右手に見えてくるMMアリーナで受け取ります(10時頃)。

IMG_5823.jpg
IMG_5821.jpg

去年まで紙のパスだったのに、プラスチック製に変わっていました。

IMG_6465.jpg

駐車券も同時に受け取ってサーキットへ。

ピットビル3階にある、メディアセンターへのアクセスが変わっていました。専用の通路があります(まだ、完成していない模様)。

IMG_5853.jpg

つづく。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

【人テク2019】ショーワの軽量リヤデファレンシャル [クルマ]

今回も視界の隅で捉えたパターンです。このパネルに吸い寄せられるようにして、気がついたらブースに足を踏み入れていました。最近ちょっとデフを(主に資料上で)目にすることが多いので……。

ショーワ(SHOWA)のブースです。

IMG_5366.jpg
(クリックで拡大)

小型車および軽自動車向けの、4WD用のリヤデファレンシャルです。パネルのイラストがH社のあのコンパクトカーに見えますね。

第2世代と第3世代が展示してありました。第2世代が現行品、第3世代は開発品で、2020年以降の量産化を目指しているそう。

左端の光沢のある円筒形部品はカップリングユニット(ビスカスカップリング。フロントからリヤに駆動力を伝達する、速度差感応型のデバイス)です。

IMG_5368.jpg

第1世代は軽トラック用を乗用車用に転用していたため、大きく重かった(15kg)そう。それを乗用車専用に開発したのが第2世代(9kg)。

もっと軽く、フリクションを低減しようと開発中なのが第3世代で、ギヤの背面を肉抜きするなどして500g軽量化したそう。

IMG_5374.jpg

肉抜きの様子がわかるでしょうか。

第2世代
IMG_5372.jpg

第3世代
IMG_5370.jpg

軸を支えているベアリングをテーパーローラーベアリングから、複列アンギュラ・ボールベアリングに(体格をほとんど変えずに)変更したのも特徴のひとつで、35%の低フリクション化を果たしたと説明しています。

軸を回して新旧の差を体感できるようになっていましたが、「誇張していない?」と思うほどに差がありました。第3世代は明らかに軽い。

冒頭のパネルには、20km/hに達したところでアクセルを戻し、惰性で走った際の様子を比較した図が載っています。フリクションが小さい第3世代は、惰性走行距離が4%伸びたそう。

停止寸前の振る舞いも異なり、カクッとなってしまう第2世代に対し、第3世代はスーッと停止するのだとか。

燃費に貢献するのはエンジンばかりではないことを示す事例のひとつです。

IMG_5787.jpg

「よかったらどうぞ」と差し出されて遠慮なく受け取りました。ピニオンシャフトのコーティングに用いているのと同じ、チタンコーティングを施した直尺です。

大変いいモノをいただきました。

https://www.facebook.com/serakota/

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車